2012年08月05日

通販の準備完了

いちおう、通販の準備が出来ました。
数は多くないですが、とりあえず現段階で抜ける限界まで。
型が壊れたので追加生産はないと思っていただいて。

で、新作は「平山周吉」「エイモス・マッコイ」が各6,000円

128051.JPG

1/6でありながら破格のこのお値段。
磨き込んだ一般的GKではないのと今回はいつもの透明シリコンが
売り切れてたからではなく、価格を下げるべく安いシリコンで
抜いたという企業努力。としておいてください。
おかげでもういろいろ型が壊れてしまったわけで、安いシリコンは
やっぱしその場しのぎだな、と。しかもマッコイに関しては
NSPだったんで原型も残ってないので、これが本当の最後です。
しかしその場はしのいだんだから、全然いいぜ。


で、もうひとつの新作、雁首街道四の宿。3,000円

128052.JPG

言わずもがなのシリーズになってきましたが、首の2つを
平山、マッコイに使いまわしじゃねーか、とは言わないで。


つましい数しか用意してないので、もし売り切れちゃったら
先着順で対応させていただきますので、ご了承ください。


で、通販の詳しいご案内は、左上のリンクか こちらからどうぞ

さあ、爺さんお座り人形を買って

128053.jpg

縮みゆく人間ごっこをしよう!
posted by サンダーロードスタイル at 11:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月04日

No1デッチ謎汁

そういえば

4日からこれが始まるようで

128041.jpg

皆さん思いっきり引いて欲しい。

俺が狙うのは1個だけ。
たぶん出来がいいと思う。横顔とか。
雁首街道に混ぜてもいいくらいだと思うけど
ちょっとサイズが違うんだな。

で、もし売り上げがいいと今回ラインナップから漏れたらしい

128042.jpg

この首も復活するかもしれないぜ。第2弾とか。

いまどきこの唇のヒネりを造型するガッツ。
なかなかお蔵入りにするには惜しい彫りっぷり。
このクチビル救済の為にも、ガンガン引いて復活させたい。



128043.jpg
「頼むから復活さしてくだちい」


なんつーこのクソみたいに可愛いチビスケは、
先日の大丸で見つけた「でっちーくん」。
ポコ袋を抱えながら、舟和のあんこ玉を買いに行って発見して感動。
俺はあんこ玉を食わしておけば上機嫌だけど
でっちーくんと会ってもたぶん上機嫌になれると思う。

128044.jpg
鼻緒切りてえ。

なに?
毎日毎日可愛いキャラばっかにウツツを抜かしやがって
テメー、クリーチャー魂はどこへ行った、とな?



じゃあ、今少し気にしてるクリーチャーを紹介しちゃう。


ヨメが病気で病院連れてったら、

こういう、話通じない系が


128045.jpg

ウロチョロしてるアブネー病院だったので旦那が・・・

あ、

ちなみこれが舟和のあんこ玉。

128047.jpg
(いちご味)


すいません、えーと旦那が救出に大暴れという映画が、これです。

128046.jpg

その口っぽい穴から漏れてる汁はなんなんだという疑問の前に
(舟和のあんこ玉の表面は寒天)
すでにIMDBでの評価は星2つ。
見た目も評価もウンコっぽいがアンコ玉っぽくもあるので
気になっているのでございます。
posted by サンダーロードスタイル at 04:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

額と設定

128031.JPG

128032.JPG

なかなかレトロな感じでおさまりがいい、ペコ袋。in額。

洒落たカフェー感が出ちゃってハズカピー。




さて


今回は作るのにすっかり気をとられ、新作である爺さん2人に対し
いつものようなキャッチーな名前を付けなかっただけでなく、
現地では背景もなくただ置いただけで済ますという、
新作にあるまじきアピール不足な展示になってまして大反省。

会場では1回だけ設定の話をしたくらいでしたが、
じつはここまで決め込んでおいたのでクリアで試し抜きしたり
してたという、この2人の設定話を。

本来であれば、HPの方できっちり更新したいんですが
実はもう数年来HPのデータをいじれないままで
更新できないんでございます。

まったくどうでもいい爺さん達の設定話はこちらで
posted by サンダーロードスタイル at 00:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月02日

退行完了

まあ、クソみたいに寝ました。寝グソ状態。
たまに起きて放尿して水分補給してまた寝る。

気付けば水曜日の朝ですよ。時間が消し飛んだ感ありですよ。

で、もう仕事で出張らねばならず、泣きながら出かけたついでに


東京駅に期間限定で出来ているという


ペコポコスイーツランドに寄ってきたわけです



128021.jpg

残念ながら、このようにペコもポコもいませんでしたが
俺は大人だからな。いなくても全然平気だ。ナメんな。


で、水っぽいシュークリームとか食った後、

よせばいいのにまた(ペルリ以来の)クリアファイルなんかを

買ったわけです。

128023.JPG



そしたら!

128022.jpg

いや、ペコポコは本当にいなかったんすが



入れてくれた袋が

これ!

128024.JPG

128025.JPG

おおー!スーパー保存版!!不二家最高!
ばい菌事件、水に流す!

東京駅から折れないよう、マジ慎重に抱えて帰ったぜ。

ガクだガク!明日、額買いに行こう。入れて飾るんだ。

ポコ面を。

エニータイムウィズポコ。
posted by サンダーロードスタイル at 00:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

WF雑感 その3

新作である爺さん2人と雁首四の宿ですが、いちおう通販を予定してます。
しかし抜いた分が売れちゃったのと今回の大暴れの後片付けが
相当テマかかりそうなのとでそれらが出来たあたりで告知させていただきます。
ご希望の皆様いましばらくお待ちください。



さて、

一通りくだらない報告を書いたので、今度は別の話。
WFはほとんど他人と接触しない自分にとって、半年に一度
無駄話をする場なわけですが、その中で印象深かった話をかいつまむと


●ディティールアップがリファインでは決してない話

これは映像のリメイクもそうだし、造型でもそうなんすが
ただただディティールアップすればさも仕事した気になってる
手合いが多すぎですね、っつー話。メカにしても筋肉にしても。
本質を掴まないで、他人のフンドシに柄を書き込むような事を
いくらやっても不毛。お前の努力はタイコもちと同じレベル。
本質の存在に気付けよな、っつー話。


●デッサンが狂っても、隙があってはならない話

腕っつーのは足りる場合もあれば足りない場合もある。
デッサンを保てずヘタに見える場合もあるかもしれないけど
それは構わない。ただ情熱の点において「そこは手を加えて
表現として使える美味しい場所だろ」という部分を見逃すような
マネをしてはもったいない。ヘタでもいいけど
情熱や愛情では絶対に負けるなという話。これね、判る人には
判っちゃうもんなんす。


●忙しさの中で、いかにモチベーションを失わないかの話

肉体には限界がきますが、けっこう騙せるもんです。
今回の俺は「感謝が足りねえ」と念仏を唱えて乗り切りました。
挑戦できるチャンスが今目の前にあるのに、疲れてるとか
どうでもいいヘボ理屈なんか採用する余地はないわけです。
今のチャンスに心底感謝できれば、脳内麻薬マストロゲンが噴出し
ノルアドレナリンの100倍元気が出せるわけです。
心の底(ここ重要)から「頑張りたい」という気持ちが出てくれば
忙しさも環境も屁でもねーぜ、という話。3日徹夜して朦朧としながら
数分でいいから目を閉じさせて・・・という状態でそう思えるかっつー
話なんですが、その構造は普通の毎日でも当てはめられることです。


●ドントシンクトゥワイスイッツオールライトな話。

くよくよするなっつーボブディランの歌ですが
直訳だと2度同じ事を考えるなっつー事。
1回1回データ出して、何度で焼いたらこうなるっつー事を
理解しとけば、焼きや調整に迷うことはなくなるという話。
情熱と同じくらい、論理的、科学的でないと出来ません。
作業は最低3手先まで読む必要がある。
知識はなくてもいいけど、知恵を失ったら出来ませんよっつー話。

ざっと思い出すのはそんな話をした事ですかね。

最後に、WF終わったら読もうと思って、すげー期待してた
この本に書かれてた話。

128011.jpg

絵を描く場合、消失点にとらわれがちだけど、そこだけを
意識して描いても面白いものにはならないという事。
何を見せたいかで、消失点、整合性を無視してでも画面を構築する
大胆さが必要だという話。当たり前だけど実行するのは難しい。
創作の本質に通じる話すね。

サンダー卓で質問したりすると大体こんな話をお見舞いされるわけです。

ただコブラ会だけは相変わらず、チョイブスの崩れたボディが
性欲を掻き立てるなどという話をしてくるので
コノヤロウ、まったくその通りだと思うぜ、とその時だけはエロ話。
いつかWFで俺が篠崎愛の顔作ってたら、コブラ会にそそのかされたと
思ってください。俺は悪くない。

以上、今回のWF雑感ですかね。

もうちょびっと日常含め、日報を続けようかと思います。
posted by サンダーロードスタイル at 03:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

WF雑感 その2

怪物屋で買ったアメイジングフィギュアモデラーの新刊を読んでると
メッチャ読んでますね、とアクセルのヤタケさんが御来卓。

俺にとって洋モノGKは雑誌で見るだけのアコガリですが、
ヤタケさんはこういうキットが主戦場なんで、このキットは
こうなんですよと、サラっと言う言葉の情報量が違う。
本物は格が違うと思ってたとこに、ちょうど今話題のテツゴロウが御来卓。

3時過ぎだったんで「デモ終わったんすか?」と聞いたら
スゲー人だかりでした、と盛況だったご様子。

で、テツゴロウとヤタケさんは相互リンクしてる同士。なのに
なんできてはりますの?とテツゴロウに素直に問うヤタケ氏。

ロボット完成させてそこらじゅうのニュースサイトで紹介され、
鳴り物入りでWF参加してるクラタステツオに対して。
普通に疑問符が浮いてるヤタケさんに、俺もさすがに
「いや、今その問いが浮かぶってどうなんすか」と突っ込むと

「だってこの人ディーラーじゃないですもん」とまだナチュラル疑問符
ピュアハートヤタケ。

だから俺が「これがまた変なロボット作って来てんですよ」って説明すると
テツゴロウが「変なロボットって言い方ないじゃないすか」と口を尖らす。
そりゃそうだ、心血注いだっつーレベルじゃないロボ作ったのにその言い方はない。

ナンデ?(来てんの?)
ナンデ?(知らないの?)
ナンデ?(そういう事言うの?)

とそれぞれの方向に突っ込む大蛇と蝦蟇とナメクジの3すくみ状態。クダラネー。

その瞬間は面白かったす。WF来てよかったなと思った。


その後慌てて話題のクラタスを見に行ったんですが
まー、いろいろ凄かったです。なんだかんだで凄かった。
実物見ると想像してたのの4割デカかった。確かに巨大ロボ。

ちなみにこれが前日は床で寝たというテツゴロウ

127312.jpg

よく見るとうっすら青ッパナをたらしてホッペ赤くしてマルダシ状態。
ヘタにメディアに顔出すとこうなるぞ、といういい見本。


ヤタケさんにしてもテツゴロウにしても共通しているのは
ちゃんと自分の道を行ってるなという野太い感じ。
結局クラタス話を知らなかったのは、忙しくて他の情報など
収集してなかったとの事。世事に構わず自分の道を進んでたゆえ。
間違いなく人間として正しい姿勢はそっち。
情報よりも己の道を優先しなくちゃいけないけど、普通の人は
情報を優先することが自分だと思い込む。
情報だけで騒ぐ人間の薄っぺらさたるや、いかなるものか。

しかし今回の2人は会った時の密度というか感触が違う。
瞬間的にわかる薄っぺらくない感じ。で、どっちも楽しそう。
いいすね。そうでなくちゃいかん。

その点、俺はまだまだ話にもなんにもならん。

俺としては今回は、帰りに寄ったスタバでコーヒー持って
何度も意識を失うくらい頑張ったんすが(もしくは老いた)
それでも足りてない事実は変わらない。
もっと効率的に、もっと情熱的に頑張らないと
サンダーは薄っぺらいなとナメられちゃう。

よーしもっとやるぞ!

と思いつつ、差し入れでもらった袋を開けたら


127311.JPG

ずおー!日本で手に入るのかよ。すげーぜ、と狂気乱舞。
チーマカ食うぜチーマカ。また脳が退行。

というわけで、俺のレベルアップはまだ先臭いす。
でも動くとヒザがポキポキ鳴るから、時間はもうないっぽいぜ。

もう1回くらいマジメな話をしないとアレなので、つづく
posted by サンダーロードスタイル at 00:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

WF雑感 その1

無事WFも終了しました。
お買い上げいただいた皆様、ブースを訪れていただいた皆様
ありがとうございました。

今回もだいぶ充実した感じでいい手ごたえがありました。
つーわけでそのへんの内容を御報告するまで、この腐れ日報は
もうちょい続きます。

今回は張り切ってたドテ女房が、寸前で無理がたたって体調を崩し
当て込んでた仕事がダメになり、出発寸前まで俺がニトロ噴射で大暴れ。

コンビニ3軒をチャリで回って、なんでUSBメモリだと
受付られねんだテメーファミマ!と激怒しながら無人の道路で悪態を
つきまくってど真ん中を中学生みたいに疾走してたのが、
当日の朝3時半。田舎の暴走族か。で、出発15分前にやっとシャワー。

今週の睡眠時間は1日3時間が続いており、この2日に関しては
不本意な失神による数分の仮眠のみ。もう老眼も進み始めて
目がシバシバしてる半爺ボディなのに、
まるでWFデビューしたてかっつーこの情熱とやる気。
どうよ、と言いたい。

そんな結果の展示がこれ。

127301.JPG

127302.JPG

127303.JPG

前日夜0時の段階で、やっと首穴くりぬき状態だったので
色塗りを諦めた、雁首街道の作例はこんな感じ。

127304.JPG

127305.JPG

せっかく作った背景の紙も、貼れないのがあり
平山、マッコイ、ドウグ柾の設定は謎のままですが
後で書きます。

どうでもいいチモシー団のバズーカ水飲み器は
今回唯一色をぬったもの(青)。


そんで無事開場になったわけですが、今回はなんつっても
隣の島に怪物屋があったので、まずそこへ。

WFで唯一向かう他のブースはここだけなんですが
とにかくまず買っておきたかった、クロスワークスの
これを。

127306.jpg

以前に書こうと思って書いてないんですが、このビット
冗談抜きで使い勝手が一味違います。
明らかに、おおー有効!という手ごたえがあり
各種サイズをちゃんと揃えておきたいところ。
そこでこの8mmはまず押さえなきゃということで
これだけをまず買いに走ったわけです。


で、数時間後にこれも買いに行く。

127307.jpg

キットビルダーズは廃刊かもと聞いてたけど、
こうしてDVDで続くんすね。よかった。

というわけで戦利品は以上。

ちょっと欲しかったコンバットドールの1/12のキットは
2万もしたので諦めました。無念。

そんで、客足も落ち着いたのでAFMを読んでると・・・


つづく
posted by サンダーロードスタイル at 13:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

WFです

いよいよWF当日となりました。

もう色塗りは諦めた。後で楽しく塗ることにする。それがいいやな。


さて、今回の売り物ですが


●平山周吉(坐像) ¥6,000
パーツ数2

●エイモス・マッコイ(坐像)¥6,000
パーツ数1


●スエヒコ(胸像) ¥4,000
眼帯顔付属でパーツ数3


●六代目新田陸太郎(胸像) ¥2,000



●雁首街道
「一の宿」〜「四の宿」 各¥3,000 
四の宿が今回の新作首です。


●雁首街道(単品バラ首) 各¥1,000   
チモシー団や他、いろいろ探してください。


●特侠のドウグ ¥3,000

●スカルプアシストキット ¥3、000
●フォローモールド    ¥1,000

●侠骨キャップ 各¥3、000
●侠骨ワッペン ¥1、000


他に

●特侠番外地 「怪腕!タービン番長」¥13、000
描き下ろし図解ポスター付

●特侠番外地 「ビフォーカツトシ」¥12、000
描き下ろし図解ポスター付

●特侠番外地 「アフターカツトシ」¥16、000
描き下ろし図解ポスター付

●特侠列伝「梵鐘奇遇(つりがねちょうはん)」
¥17、000

も一応売りますが、持っていくのは厄介なので
会場でお申し込みの場合、送料無料で郵送させていただきます。

つー感じです。

では会場でスポンジボブのコスプレを見かけたら
お気軽にお声をおかけください。

127291.jpg

お待ちしております。コノヤロウ。
posted by サンダーロードスタイル at 01:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

尻に帆

つーわけで、もう一人の妖精じゃなかった、爺様出来上がる。

速攻で土手作ってシリコン流して複製にする。
ひさしぶりにほいく粘土触ったぜ。泣けたぜ。


で、こんな感じ

127282.JPG

127283.JPG

いろいろNSP粘土は研究してみないとダメみたい。

結局、トップコートでクリアを吹いてタルタルになって
あーあ、と思ってたんですが

そこはほら

表面ツルリなら、クリアで抜くチャンスだぜ。


127284.JPG

おおー!クリアやるな!
妖精行けそう、やっぱ羽根つけるか?


と思ったら


127285.JPG

少し、足りなかったぜ。 俺の知恵とレジンの両方が。
死霊みたいになっちゃってゴメンナサイ。

まあそれはそれとして大変追い込まれながら
明日に続く。
posted by サンダーロードスタイル at 06:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

つまんない話

WF荷物の集荷までの待ち時間、今の脳の中をちょっと書きますが
ヨタ話を期待している方はスルーで。



今回、いろいろと自分の中でブレイクスルー的な感じが
しております。

というのも、スッパイしたとはいえ妖精の出来を
非常に気に入っております。
気に入ってるというのは、造型もですが、姿勢というか
作り出す場合の魂の出所に確信が持ててるわけです。ひさびさに。

あー、毎度毎度テメーはたかが人形作るのに何考えてんだっつー話すが
コノヤロウ、たかがじゃねえんだよ。ナメてんのか。
俺は考えるの。なんで作るのか、なんで作りたいのか、
いっつも考えるの。いっつも迷うの。
他人のキャラなぞってヘラヘラ口半開きなんて真似、できねーの。
いつもゼロ位置からグイグイ揺さぶって考えないと気がすまないの。


で、本来であれば、今は展示向けの作業をガンガンやらないと
いけない。なぜなら雁首街道の作例として、一気に新しいのを
8体くらいやろうと思って、12インチの人形買ったり
パーツ買ったりでいろいろとスーパーシコシコ準備してたからです。
この段階で、その展示作業(色塗りとパーツ作り)が
4日押しで遅れまくってる状況、けっこう絶望的。

というノッピキならない事態でありながら、
なんと今、もうそんなもんはどうでもいいと考えてるわけです。
今は彫刻の方を進めるべきで、しかもそれを複製まで
持って行こうと企ててるわけです。

いつもの俺なら、戦略的撤退ということでまず展示全体の完成を
優先して、その中でこだわれる点があれば、時間次第で対応という
バランスというか「企画優先」の大人脳でした。
だがその結果はどうだったか。すべてに中途半端。

しかし今の脳は違っております。
ついに園丁レベルに到達したわけです。


なに?エンテイレベルがなんだかわからない?

サンテグジュペリの人間の土地に出てくる庭師のジジイの話に決まってんだろ。


「旦那……わしにも土を掘るのが苦労だったことがござんした。
リューマチで足が痛かったりすると、わしもこの奴隷仕事を呪いましたよ。
ところがどうでしょう、このごろでは、わしは土を掘って掘って
掘りぬきたいほどですわい。土を掘るってことがわしには、いい気持なんでさあ! 
土を掘っていると、気が楽でさあ! それにわしがしなかったら、
だれがわしの樹木の手入れをしてくれましょう?」


というこれ。

WF、展示、準備、計画、仕事・・・いろいろアタマの中を駆け巡る中

作例は後でも出来る。他の人でも出来る。だが、今この妖精彫刻を
やらなかったら、誰がやるというのか。俺しか出来ないんでさあ。
彫って彫って彫りまくりたいんでさあ、と素直に思えるマイピュアハート。


そう考えられるエンテイレベルについに到達したっつー話です。


サンテグジュペリはこのエンテイハートに驚いてます。
この爺さんは「自分がそれをしなかったら、一枚の畑が荒地になるように
思えるのだ。彼は自分が耕さなかったら、地球全部が荒地になるように思えるのだ。」

これはこの世の素晴らしさが間抜けと呼ばれる人の信念によって
出来ているというキャプラスピリットと同じじゃないすか。

俺はサンテグジュペリを尊敬してまして、ヘミングウェイよりも遥かに
評価されるべきモノスゲー文章を書く人だと思ってます。
戦争や科学や生活にきっちり責任を果たしながら、星の王子さまを書ける。
寺田寅彦の言う「それでも鳥は歌い、花は笑っている」という感性を
備えていられる素直さは、本当に素晴らしい。豊かで強い。


色塗りに入るべきか、このまま彫刻をやるかで迷いまくってたところで
園丁と同じ心持になったと感じて、久しぶりに思い出したサンテグジュペリ。

一回作ってみてもいい、いい顔だったなと思って調べてみたら


なんと


127271.jpg

おお、マジ?
全然知らなかった。なんたるシンクロ。

そんでまさにこのキモチ。これです。いつもどこかで沸き上がるこの感じ。
誰かに見守られてるような。道の向こうに人影が感じられるような。
物事を関連づけて、身近に思えるようなこの近しい感覚。
ちょうどこの画像を見て抱いたような気持ち、これが今回の妖精を作りたい
本質なんすが、とにかくどこまでも教えられてるなと思ったわけです。

テメーは黙って失笑モンの出オチフィギュア作っときゃいいんだよ
と期待する方々にはすいませんが、そういうこと。
ここに来て、ふわっと近づいて来そうな人々を、蹴散らかすような
内容ですが、日報はその日の考えが出ちゃうんだから仕方ないぜ。


つーわけで彫りまくり中。
posted by サンダーロードスタイル at 00:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。