2012年12月31日

地獄週報12月最終週

さて、本年も最後になりました。早いったら
ないったらない。このやろう。

せっかくちょうど大晦日なんで今年を総括でもしてみようかと思い
どれどれ、たまにはオノレのクソ日報を見直してみようかと
2記事さかのぼったところで、2回連続キンタマ話。その前はウンコ。
アタマおかしいす、これ書いてる奴。
女の子はお砂糖とスパイスとすてきな何かで出来てて
バファリンは半分がやさしさで出来てるのに対し、俺の構成要素が
キンタマとウンコとアメコミと罵詈雑言で出来てると知りたくないので
今年を総括するのはヤメ。

さて少しでも成長のカケラもないキンタマ路線と一線を画すべく
最後くらい個人ブログらしい、自分で撮った女々しく雑貨臭いが
ステキでオシャレな日常写真でもアップしておくかと、
今年撮影した画像群をチェックしてたら、

この写真を発見。

夏の終わりのステキな1枚。


サマーピーチ



甘い香り




1212311.JPG

今年唯一の携帯カメラで撮った俺の日常ステキ写真。
ギリギリで皆様と思い出を共有できてよかった。


俺の場合、2日くらい携帯をほっぽらかしたままそのまま見かけず、
そういやどこやったっけな携帯、程度の扱いなんで、携帯電話を
スマホだなんだと新型にする予定はしばらくなさそうなわけです。

このテの技術の進化に対しては、桃から生えたチン毛並みに興味がないんで
おそらく次に買う時は、さらに機能を削ったモノを選ぶと思いますが

こういうのを見せられると、新型も考えちゃう



技術って遊びっ気が加わると俄然輝きを増すの法則。いいなーこれ。


ところで現在つまらん失敗でコケかかってるお年賀造型。
もう年賀状なんか出さなくていいんじゃねーかと思い中。
出来たらスカ王国の方にアップしますが、最速でも三が日は過ぎそうな気が・・・。
そもそも大の男が正月なんつー因習にとらわれるのはどうなんか、っつー
本末転倒なモードに突入中。江戸時代程度からの習慣ごときに
敬意を払う価値があるもんかいな、なにが年神様じゃいという、
湧き上がる疑問と戦い中すが負けるな俺。

ちなみに作ってるのはこちら。





1212312.JPG

皆様、良いお年を。
posted by サンダーロードスタイル at 10:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

地獄週報12月第5週

えー、WFの卓番号が発表されてましてウチは

8-26-09

となります。佐川から遠い、悲しみの8ゾーン・・・


まあそれはそれとして、いいニュース

けっこうカッコいい設定とデザインなのに、消化不足で
もったいないこと極まりなかった変身忍者嵐がハリウッドでリメイク!




いやっ

1212241.jpg

たーーーい!



と、

喜び勇んでピザの上を走り回っちゃうぜ

1212242.jpg

そんな俺の喜びハートに

リファインされた血車党首領、魔神斎の写真が飛び込んできた。

1212243.jpg

おー、ムダにハリウッド。

ちなみに昔の魔神斎のデザインは

1212245.jpg

邦題はすでに決定しており、「血車全開:憤激街道!」
英題だと、マッドマックスフューリーロード。

チッ、魔神斎じゃねーのか。

つーわけでヒューマンガスを推し進めたいキャラなんでしょうけど
一抹の不安が拭えない感じがナニですな。パシヒックリムに続いて
アニメ野郎のガッカリ路線。ポイントが間違ってるっつーの。
暴力映画界は、キンタマ落っことしちゃったんか?


で、ほんとどうでもいいすが、俺がクリスマスプレゼントに
本当に欲しいピザカッターは

こちらです。

1212246.jpg

1212247.jpg

プレゼント受付中。
XboxかPS3も受付中。ゲームやんないけど。



さて。
いよいよ年も押し迫ってまいりましたが、お年賀問題もあり、
オリジナル造型をスタートしております。
来週には写真でも出せる予定な気がしなくもないか、と。
ちなみに3体同時スタートで作り散らかし中。2体キンタマ系で。
posted by サンダーロードスタイル at 09:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

地獄週報12月第4週

まさかのTVアニメが面白く、すっかり毎週の楽しみとなったジョジョ。
失速してガッカリするのが多い中、加速してる感ありで素晴らしいす。

で、我が家においては、

俺が長時間座って仕事してた後、ソファで休もうとした時に
すっかり蒸されて貼りついたキンタマ袋が股間で固着したまま、
いきなり姿勢が変わったのでギューっと凄い形にネジられて
イテテテテ、という状態の場合「ジョジョ!」と、呻いてます。

たぶん中はこんな感じ。

1212171.jpg

すっかり一般化してるな。ジョジョ。


ちなみに仕事関係ナシで俺が買ったジョジョ人形は

1212172.jpg

可愛いぜ。早くボールブレイカー出して。


つーわけで、キンタマがピッタシ貼りつくほど座り込んでスーパー仕事中。

なので今週は簡単に終了。あしからず。
posted by サンダーロードスタイル at 17:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

地獄週報12月第3週

先日、上野公園のギンナンウンコ道を越えて、また展覧会に
出張ってきまして。


行ったのは

1212101.jpg

太平洋戦争時、強制収容された米国在住の日本人達が
少ない材料でセッセとこしらえたモノを集めた展。

1212102.jpg

1212103.jpg

まあご意見いろいろあると思いますが、そういうのすべてひっくるめて
これにまつわる周辺の現代人のチンケな思惑なんかふっ飛ばす品々。

浅い言葉で他人を値踏みして御満悦のケチ臭い人種とは
完全に無縁な普通のクラフトマン達の、笑い声が聞こえてくるような
普遍の輝きを放つ品々。やっぱし人が楽しく作ったモノはウソつかない。
人が作るモノの出す声の正直さを再確認。


実はこの展覧会を訪れるほんの1時間前

俺の尊厳を踏みにじる事件あり。

正直、体が震えるほどショック。


商業原型仕事やってると、版元監修ってのが大きなネックに
なってくるわけです。

基本的に俺の原型はスカルピーですから、モロイ部分も多いし
形状的に商品であるPVCに置き換えられれば安定するけど
原型だとポキっといっちゃうよ、なんつー部分もあるわけで。

で、自分で監修に参加できる場合は作った本人が注意深く組み立てますが
基本的には原型を投げっぱなしの渡しっぱなし。
なので破壊されて帰ってくる場合も多々ございます。
こればっかりは、どう言っても無理。佐川に任して放り投げられてんな、
くらいのあきらめの気持ちで監修に出すわけです。

だから注意深く作った細かいパーツが壊れてないと、マジでホっとするし
仮に折れてても、破片さえなくなってなければ御の字なわけです。
破片ごとない、とか普通にありますからね。

で、現在進行中の原型、戻ってきたのを確認したらいろいろ粉砕。
でも破片も残ってるし、まあ許容範囲。

なかでも一番手間かけた、小指のアタマくらいのグラサンパーツが無事!

やった。これ角度も素材もスゲー苦労したんだ。わざわざマジスカを
光硬化パテに置き換えて削りあげた甲斐あり。


で、その原型を事務所で受け取って、小さいパーツを確認しつつ
丁寧に梱包。

これ持ったまま、今日はちょっと寄りたい展覧会があるので
緩衝材を多めにもらえますか、と受け取って詰めようとしたら


ボリッ


何やら、背筋の凍る感触が

俺の

足の下から。


1212104.jpg


おそるおそる覗いてみると
無事戻ってきた、グラサンパーツ(俺の尊厳)を
知らずに机から落とし、そのまま自分で


1212105.jpg



もうさ

わずか1分前まで、ヘラヘラ笑ってたけど

踏み出してみたら地獄だった、的

こんな感じ


1212106.jpg











1212107.jpg

ショック過ぎて放心。 おじさん、本気でへこむ。

せっかく折れずに返ってきた俺の尊厳を

踏みにじった

俺、殺す。
posted by サンダーロードスタイル at 00:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

地獄週報12月第2週

12月に入ったか・・・この終わった感、けっこうキツいすな。
用事で言ったらまだ3ヶ月分くらい残ったまま。うー。

ま、それはそれとして

ロボジョックス以来、巨大実写ロボファンの期待を一手に背負っている
映画パシフィックリム。海産物系巨大怪獣が襲ってくる環太平洋域を
守って戦う各国ロボデザインがいろいろ出始めました。

1212031.jpg

ぬー、この興ざめするヘッポコ臭い細デザイン。
黒人の運ちゃんが乗り込む実写ロボだっつってんだろうがよー。
クソアニメ野郎どもに媚売ってんじゃねーだろーなー。
俺らジッシャーは甘かねえんだぜ。野太いの出せよー。ゴツいのをよ。



中でも主役機がこの、ジプシーデンジャー。

1212031b.jpg

右手に実在した巨大鮫メガロドン、左手に実在して欲しかった
巨大モンキー、メカニコングを持たせても、相当でかい。
あんまりデカすぎて全然ピンとこない。

1212032.jpg

しかも完全武装の戦闘ロボ。
怪獣がどれくらいの恐怖かわかんないですが、所詮動物。
せいぜい吐いて、火か粘液。か屁。

なのに80mもあるロボに2人で乗り込んで最新兵器を
撃ちまくって対抗っつーのは、どんなもんか。殺せて当然じゃねーの?
重武装の巨大最新装甲車でゾウを追いかけ回して殺すような話だったら
泣くに泣けねーぜ。


そもそもこういう映画で何を期待するか。
モンスターと戦う醍醐味、わかってんのか。



それは絶望的に巨大な敵を相手に

1212033.jpg

一歩も引かない

男気。

気合。

1212034.jpg

たとえ目が1個しかなくても

知恵と工夫で困難を乗り越える。


1212035.jpg

とにかくそういった不屈の姿勢に共感するわけです。

潤沢な予算と強烈な装備で最初っからけっこう有利臭いんじゃ
燃えねんだよコノヤロー。
っつーわけで、ジャンボジェットサイズで戦うウスノロ感に、
不安を感じるパシフィックリム。
さらに「うおぉぉぉ!!」とか「行けぇぇぇ!!」みたいな事やらかしたら、
群馬県民と実写ファンを全員敵に回すぜ、デルトロ。
グンマーやジッシャーはそういうの大っ嫌いなんだからな。


でもご安心。

同じ海産物系実写怪獣企画でも、こちらがございます

1212036.jpg

モンスターロール。怪獣巻。

コンセプトデザインにウィリアムスタウトを起用するセンスが80年代。

1212037.jpg

そのデザインは、戦う寿司屋の

1212038.jpg

背中に映えるわけです。

1212039.jpg



で、なんつっても敵が巨大海産物。

12120310.png

12120311.png

巨大ガニ相手に、ロボや銃器で対抗するのは野暮の極み。


昔から粋な男は素手で料理すると相場が決まってるわけで

12120312.jpg


このモンスターロールでも

12120313.jpg

12120314.jpg

頼むぜ。勝てなくていいから実写ファンの期待に応えてくれ。

ちなみにまだ長編映画としては完成しておらず、現在テスト短編のみ。

しかしこのSFX的なセンスオブワンダーこそ実写の醍醐味。
アニメ臭い、小洒落たスーツじゃダメなんだぜ。
もっとごつくて、ガッシリ!
それが存在感、リアリティだ!ジッシャだ!


という妄想が消えない脳が20年前のままの
アタマのおかしいジッシャーどもにそそのかされ

2013年の最新作なのに変なのを着せられてる


トムクルーズ

12120315.jpg

すぐババ引かされるイモ兄ちゃん、トム。

ま、ジッシャーのタワゴトにまともに乗っかるとこういうことになりますので
皆様くれぐれもジッシャジッシャと騒ぐ人の意見などに
耳を貸さない年末をお過ごしください。
posted by サンダーロードスタイル at 12:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。