2012年05月28日

地獄週報5月最終週

先週は一応、目が潰れてトリフィドに襲われるのを期待しつつ
肉眼で太陽のヤロウを見てやりましたが、

125281.jpg

だいぶ眼科に駆け込んだ人も多かったそうでって、少しはアタマ使え。
網膜ヤケドするまで見つめるってどんだけパーなんだ。
なに俺?俺はパーじゃねーから網膜無事よ。

でもガキの頃は太陽直接見るとクシャミが出せるとかでガンガン上見上げて
ヘクションヘクションやってた記憶がありますが、まさかグンマだけ
だったんではあるまいな。


先週最大のショックは、全4種発表ショック。
あれ?俺担当の原型、ボツ?とネットの面白記事で知った衝撃。
マージーデー?割とよく出来たと思ってたんだけどなー。カナスイ。

外に出ないで自宅でずっと仕事してると、社会との窓口がネットか
TVになっちゃうわけです。そうすると気にすんなと思ってはいても、
目に入ってくるニュースとかに物凄くイライラすることが多くなるわけです。

必然的にTVは地上波を見なくなり、ネットは面白記事か買い物しか
見なくなるんすが、それでも生理的に受け付けない芸能人の顔とか、
何度も見させられるハメになる。

腹立つ。いかん。気にすんな。でも腹立つ。





特にこの記事。




125282.jpg

やっていいことと悪いこと、まだわかんねーのか科学者。

こんな実験するなら、テメーのオデコに生やせ。
だいたいハゲはこんな命いじくって解決するほど死活問題じゃなく
仮に死活問題だとしてもカツラでなんとかしろ。

なんつー事に悶々としながら鬼のように仕事中。
posted by サンダーロードスタイル at 18:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

地獄週報5月第4週

先日、納品で出かけたついで徹夜明けもなんのそので、今年2本目の映画に。
チケット売り場につくと、以前怪猫トルコ風呂をモギらされてて
不憫に思ったモギりのオネエチャンが

コーマン帝国ですか、

と言うので、俺も合言葉のように

コーマン帝国です、と答える。

心が通じ合った瞬間だったけど、もう俺おじさんだから
ここでヘラヘラすると通報されそうなので神妙な顔で、
大人1枚、と付け加える。

つーわけでこれをご鑑賞。

125211.jpg

まさかの最後ちょっと泣ける映画。GWは親子で是非見ていただきたい。


で、その後、数ヶ月ぶりに大師匠と合流し、閉店するというビデオ屋へ。

ジャッカルかハイエナかシデムシかっつー感じで
死に行くビデオ屋に群がる我々は、悲しみの閉店乞食。
西に潰れるビデオ屋あれば、行って漁って・・・ってもういいか。

しかし今回のこの店は凄かった。

長年のビデオ屋めぐりで、欲しいものはたいてい買えてるけど
それでも全然見たことないもの、すげー入手に苦労したもの、
見かけたけど揃ってなかったものなどがこれでもかっつーくらいにある。
それが投売り状態。ガーン、検索便意も引っ込むラインナップ。

でも嬉しいけど、本当にVHSの終焉を感じ悲しくもあり心中複雑。
今後間違いなく絶対にDVD化されず、VHS消費文化で終わるだけの
悲しいタイトルだけど、俺、昔この仕事やったなー、

125212.jpg

なんつー思い出のタイトルに少し遠い目をしたりしつつ
おそらく最後であろうめくるめくビデオ祭を堪能。俺の戦利品は20本ばかり。
TVシリーズのロボコップ、空手やボクシングや合気道など武道関係、
エルビスのライブや粘土アニメやDVD化されない邦画などなど。


で、昨日もこの店に来てたと言ってた大師匠
50本以上レジに積み上げる。

前日に80本以上買って、近所でダンボール貰って詰めて
近くのコンビニから自宅に発送したんだそうですが、発送した後に
さらに20本買ったそうですが、そんで翌日にさらにこの50本。

しかも今回この50本を持って帰る気マンマン。

マジっすか?と驚く俺に、さらりと

「片手で40本までなら持てる。確かめた」だそうで。

おうおう、本物の男がここにいるぜ。マストロゲンが噴出した。
俺がこの大先輩の年齢になった時、はたして同じ事を言えるか?


普段バカみたいに中古ビデオを買いこまない人向けに説明すると
ビデオ10本で大体5キロ。


大きめの猫一匹くらいと置き換えられましょう。

125214.jpg


俺は20本買ったのでこんな感じだったけど

125215.jpg


大師匠は50本以上だったので

こういう感じ


125216.jpg

指がチギレそうだと言いながら駅まで歩くオッサン2人。

しかも雨。でも贅沢な時間。

嬉しい重さに苦しみつつも、ニコニコで家に帰り
大師匠オススメ映画を再生してみると、

こんなだった。

125217.jpg

くだらなすぎる内容と、これに可能性を見い出す大師匠に感動した。

けど感想は「イマイチ」と伝えた。バチ当たりですいません。
posted by サンダーロードスタイル at 00:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

地獄週報5月第3週

先日、まさかいまさらのポータブルCDプレイヤーを買いまして。

というのも、仕事が立て込んでくるとそうそう映像を流して
作業するってのも難しくなる。下向きっぱなし。
ので気軽に流せるmp3やMDで音楽流して凌いでたんですが、
もうリピートと容量の限界。手軽なCDに移行しないと無理。
CDを再生できる機材は見回しただけでも6台あるんすが
無線ヘッドホンにつなげられるポータブルなのが一個もない。

気軽にCDが聞けるようになれば最低でも2・300枚は
あるはずなので宝の山。


つーわけでこんなのを

125141.jpg

バカヤロウ、全然ポータブルじゃねーだろ。アタマサイズじゃねーか。
買うわけねえ。



125142.jpg

これも完全に人頭大だろ。
アタマサイズ商品は一家に一台スペクトルマンボックスでうんざり。




125143.jpg

なかなかいいとこ突いてくるけど、やっぱ邪魔サイズ。



125144.jpg

スポンジボブ好きじゃないし、俺大人だし。

と思ったら、ハートを揺さぶるトモダチ発見。




125145.jpg

やるなフィッシャープライス。魅力が多い分、出力端子がなさそう。

で、結局買ったのが



これ。


125146.jpg

おうおうサンダーさんよう、ずいぶんとヤキが回って
つまんねー大人になったもんだな、なんだおめーは普通か?
普通感覚か?この意気地なし!

ああなんとでも言ってください。いいんだ、こんなんで。
小さいし、安かったし。


つーわけで久々に音楽生活にターボがかかったんすが、
ついに判明した、俺のモータウンアレルギーの理由。

昔からビートルズのようにどうしても好けないモータウン。
なぜだ。洒落たリズム&ブルースなのに、どうして
アトランティックのように愛せないんだ。と長年の疑問。

その謎の真相は、かいつまんで言うと、
徹底したビジネススタンスで作ってたんだそうで。
完全な分業制によるヒットソングの製作してたモータウン。
魂に響くアトランティックとの違いが、こんなにハッキリ
あったわけです。

そのソウル不足を、グンマで芋食って育ったくせに本能で
感じ取ってたのか、俺すげーな。
ロックという言葉に騙されず、ロックンロールを正しく聴き
ヒットチャートに騙されず、リズム&ブルースを正しく聴き
東にパンクにかぶれた若者あればピストルズはやめとけと言い
西に疲れたババアあれば、ハワイアンはなんの宗教だとからかい
ハイジを見ては涙を流し、運動がてら近所をおろおろ歩き
みんなにまたサンダーの造型は、と指をさされ
褒められもせず、苦にもせず、
そういう者にワタシはもうなってますけど、よく考えれば
やっぱモータウンとアトランティックは製作背景関係なく違いすぎるな。
わかって当然だった。普通だった。普通感覚だった。結局。
posted by サンダーロードスタイル at 14:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

地獄週報5月第2週

いまいちツメの甘い設定で盛り上がりに欠けてますが
2012年ですから今年で地球も終わりです。
我が家でもその兆候著しいというこの事実。


数日前、突如としてクリプトナイトが光りだしたり

1205071.JPG
(DVD販促品のスイッチ壊れる)


先日はプロムでもないのに

「ブタの血をぶちまけた!」と台所で誰かが叫んでたり

1205072.jpg
(豚肉のドリップを床に)

異常事態の連続です。

しかしそんな中、
結局この1週間は仕事しっぱなしで、外出なしの変化なし。

毎日鬼のようにスカルピー弄くり倒してますが
自分造型ははるか彼方。まずいぜ。本格的にまずい。
この黄金週間でいろいろ終わらせようと思ってたのに。

そんな俺の頭を最近占めていることを素直に書きますと

アルティメットだと思っていたシンハセガワを捕まえて

1205073.jpg

「長谷川君なんかもそのへん間違ったり…」と
指摘する

1205074.jpg

エンギョミタムラの衝撃。恐るべし本物。

正しく侠道を知ろうと思ったら、ヤクザ映画見ても意味が無い。
中国古来の遊侠思想から江戸文化での成熟までを、
儒学、朱子学、陽明学なんかの影響と、日本古来の武士道や
義の思想をふまえつつ、バランスよくアウトローの心意気を
理解する必要があると思うわけです。

「時代が望む時、仮面ライダーは必ず甦る」っつーのは
俺の知る限り「八州遊侠伝 男の盃」での
「時代が望む時、国定忠治は必ず甦る」のチエゾー演じる忠治の言葉。
ということはライダーも侠道の果てにいるわけで、
日本におけるヒーローや物語を考える場合、ますます劣化コピーを
してないピュア義侠心を理解しなくちゃいかんわけで
もうどうしたって理解したい。

そのために重要なのが長谷川伸と三田村鳶魚の両先生。
もうこれから両先生の著作をひたすら読破する!と思った矢先

ハヤカワの銀背が復活しているのを発見。アメイジング。

しかも気になってたリバイアサンの邦訳が一発目。

1205075.jpg

1冊1600円だそうですぜ。もうアメコミと同じだな。
一部のファン向けに高額設定で回収するしかない方式。


ちなみに似たタイトルの本でこういうのがありますが

1205076.jpg

ティラノサウルスとバイキングが洞窟で殴りあいをするという
素晴らしい小説。脳が幼稚園児なら読め。
posted by サンダーロードスタイル at 10:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。