2012年04月30日

地獄週報4月最終週

すでに2階の作業場は猛暑と化し、回りっぱなしのオーブンを
恨めしく横目で睨みながら作業してます、ハロー夏、グッバイ春。

我が家を毎年毎年訪れるウグイスがいるんすが、こいつが
ちゃんと鳴けないウグイス。ホーホケキョと言えずに
ホー…ホケ…ホク…ケ…ケク…キョー…ケク
みたいな感じで鳴く。

そういう感じで、いつも寝床の真上の木の辺りで、
ツッカエツッカエ鳴くもんだから、気になってしょーない。
姿を見たことないけど、今年もまたアイツが来たか、とすぐわかる。

いっつも練習中。いっつもヘタ。全然上手にならないけど
春の風物詩ともいえる存在のウグ次郎。

しかし今年は来なかった。そして春も終わった。

たぶんもうあいつは2度と来ない気がする。


きっとどっかで、素敵な嫁さん見つけて子育てでもしてると

1204301.jpg

信じたい。

地上でだ。


鳥で思い出したけど、先日、近所の川にいて、ずっと
マガモの子供だから子ガモだと思っていた小さいカモが
コガモという別種であると知った衝撃。

あいつら、いつまでたっても大きくならねえなあ、くらいに思ってたのに
元から小さいままだったとはずいぶんな話じゃねーか。
エマニエル坊やが子供じゃないと知った時並のショック。

マガモの子ガモがこれで

1204302.jpg

種としてのコガモはこれ

1204303.jpg

ちなみに野生のカモを家禽化したのがアヒルだそうで。
ワイルドとドメスティックなだけでどっちもダック。
知らなかった。奥が深いぜ。
当然どっちを食べても美味しく、俺なんか牛より豚より鳥が好き。


そういえば先日、某先生宅にてダチョウの卵を触らせていただいたんすが
人間の手のセンサーは瞬間的に殻の厚さを予測するという話になりまして
実際に触ると確かに手ごたえから厚さを瞬時に予測する。
触った時のわずかな振動、温度、重さなどの感触を瞬時に経験と
照らし合わせて直感的に予測を立てる脳の素晴らしさ。触感はほぼ
聴覚に匹敵するなと感心する反面、このバカみたいに厚い殻を割るのが
ダチョウベイビーの最初の仕事かと思うと感心というか感服。
まあ恐竜や恐鳥をもろに感じるもんな。それくらい出来るか。

1204304.jpg


テメー、トットコ(鳥)話なんかどーでもいいから造型関係は
どうしたとお嘆きの貴兄には申し訳ないんですが
特にまだどうこうの話はございません。
スカルピーの練り話や、展示台の新作話、クロスワークスのツール話、
雁首街道の素体組込話や、ドールショーに顔出したかった話や
さらには今年初めて見た映画でやる気出た話なんかもさしおいて
春終わっちゃってウグ男来なかったな話が一位採用でした。すんません。
posted by サンダーロードスタイル at 16:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

地獄週報4月第5週

以前も書きましたが、たとえこんな腐れ日報とはいえ
時事問題や政治経済宗教問題などは一切触れないように心がけております。

そうした問題に接した場合に沸き上がる俺の怒りを、他人様に見せてはならない。
あのバカサンダーのとこだけは、浮世離れして楽しく愉快な日報であって欲しいという願い、
理解しております。だから出来る限りニコニコしてるじゃないすかコノヤロ。


しかし


さすがにな

今回は触れずにはいられないぜ。

この事件、いや問題にはよ

先週、あまりの怒りに震え止まらずガンメンもソーハクした


「藤子Fシールブック事件」


俺なんか、テキトー稼業で生きてんので、サラリーマンと違って、
毎月お給金が出るという事がない。縛りもない分、保証もない。
ちょっと気を抜くと、今月入金ナシなんつー笑えない事もあるわけで。
だから生活には波があっちゃったりするわけで。

売り切れないんだったら、たいていは我慢しても苦じゃないわけですが
期待に胸が膨らんで待ちきれない時もある。ジリジリしちゃう。
そんな時、我慢してやっと届いた商品は、まさに喜びヒトシオ。


そして今回も俺は我慢して待ってました。注文できる日を。

発売日は知ってた。

藤子Fシールブックですぜ。しかも271枚。マイナーキャラも網羅。

いろんなページにシールを何度も貼れる夢の本シールブック。

シールブックってのは、こういうヤツ。

背景となる光沢紙のページに

1204231.jpg

動物シールとかを貼って遊べる。こんな感じで。

1204232.jpg

貼って剥がせて、ああ楽しいシールブック。



これをFワールドということは

宇宙港ページには、コイケラス星人からヘッコロダニ星雲タンバ星系ササヤマ星人まで。
ピリミー族がいるジャングルページにはモッコロくんやぞうくんも。
鬼岩城のある海底ページには沈んだ鉄人に近づくバギーが貼れるか。
時間移動ページもあるかもしんない。航時機とタイムボートの併走。
いや時間だけでなく古代ページとか。
空ページには…あまりに狙いどころがありすぎる。ああ、楽しい。

つーわけで期待に膨らむ胸を抑えること数週。
ついに入金があって注文して、先週

シールブックを頼んだ俺の元に届いた。



1204233.JPG

おう、責任者、どこだ。

一番えらいヤツ呼んで来い。

俺の遊びシミュレーションはなんだったんだ。
いいのか、こんなのをシールブックって言って。セットじゃねーか。

チンプイマグのコースターにぴったりサイズなのに

1204234.JPG

ブックと言い切った理由を説明してもらおうじゃねーか。



1/1チンプイの耳の大きさぴったりサイズなのが

1204235.JPG

事故なのか意図的なのか、納得のいく説明が聞きたい。

しかも付録レベルのワンウェイ安紙シールというだけでは飽き足らず

このチョイス

1204236.JPG

テメー、いらねーだろーがよガキ大将とかよ。ピテカンシール、誰が喜ぶんだよ。


そんで、だ。

やはり背後にはこの問題があった。

1204237.JPG

1204238.JPG

キレイなジャイアンを押す連中。が絡んでる問題。


もう我慢ならん。

今までは許して来た。そういうバカも世の中にはいる。
バットマンっつってダークナイトを褒めるバカがいるのは仕方ない。
世の中はそういう本質のわからない大衆が占めているという事実も
俺は受け止めた。受け止めてきた。裾野が広がればいいじゃんか、と。

だがこのキレイなジャイアンを押す連中が絡むと毎回ロクなことがない。
キレイなジャイアンが、と言い出す全員が全員、いっつもバカ。
Fの諧謔を理解できない野暮で蒙昧極まりないのに、
おしゃれ気取りで俺わかってる風の、遺産にたかるハエ。ウンコバエ。

Fネタ使っても車のCMだったら、バカ会社がバカ騙すアイコンとして
使ってるんだからどうでもいいや、と思えるけど
このシールブックは我慢できん!子供や俺が買っちゃうだろうが!

Fが見たら「こどもが遊べないんじゃダメですね」って
一発却下だろうよ!ゼッテー!

俺はな、本当に期待してたんだぞ。
いろいろシール貼れると思ってよ。
俺だけのページ作っちゃおう、なんてマジで考えてたんだからな。

今までキレイなジャイアン押し連中を見て見ぬふりをしてたが
今後はもう見つけ次第、狩る。
ウルトラスペシャルマイティストロングスーパーウメボシで
片っ端から頭蓋骨粉砕してやることにする。ギエーって言わす。
posted by サンダーロードスタイル at 15:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

地獄週報4月第4週

先日、若者の上京物語みたいなのをTVでやっており
初めて住む東京、初めての職場、おうおう大変じゃねーか、と見てまして。

自分の場合、とても計画的に上京したもんで、苦労の記憶というものが
ございません。順風満帆。

中学時代にこんなものを見てしまったおかげで完全に人生が狂い

1204161.jpg

高校一年で大学に行くのは馬鹿らしいと決めてしまい、
バイト三昧で金を貯め、特殊メイクにノメり、上京を計画。
愛馬ゴリラ(50cc)にまたがって朝モヤの中、荷物背負って東京に
旅立ったのを覚えております。
映画に名前が出るまでもうグンマには戻らないぞ、と心に誓って。

東京での当座の計画はただひとつ。

この怪人を作る会社でバイトする計画。

1204162.jpg

しかしその会社めがけて調布に引っ越してたものの、
胸を躍らせて履歴書持って訪れたその怪物製造会社は
遥か八王子に移転しておりモヌケのカラ。
会社跡にはゴミしか置いてなく、帰り道にガンメン蒼白で泣きベソかいた18の春…。
人生にはB案も必要だと学んだような学んでないような。

でもなんだかんだで半年後には

1204163.jpg

これを作る手伝いをさせてもらって、映画に名前が出たんだから、
やっぱ苦労はなかったと言って間違いない。

その後、石膏をコネたり、話をコネたり、肉まんをコネたりした後

スカルピーをコネて初めて小さい人形を作り原型師デビュー。

1204164.jpg

初々しい妖怪造型がまぶしいぜ。
メインストリームである美少女ブームとは程遠いところで活躍するも
女々しい仕事はしてこなかったので、まだ苦労知らず。


さらに個人活動をはじめ、必死でこんなのを

1204165.jpg

こしらえる悲しいおじさんに育つも、やはり苦労知らず。


若者よ、上京する場合は計画的にし、苦労は買ってでもしろ。
じゃないと一生怪物作ってヘラヘラしてる人生が待ってるぜ。
posted by サンダーロードスタイル at 10:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

地獄週報4月第3週

先日、ドアのチャイムが鳴ったので出てみると
坊主頭のボーイズが2人。

恐る恐る差し出してきたのは一袋のピスタチオ。

1204091.jpg

なんたるファンタジー。ごんぎつね並みの体験。

よーし、お礼におじさんが鼻血が出るまでピスタチオ食う姿、
見せてあげちゃうぞコノヤロー。

1204092.jpg

彼らはご近所のちびっ子ブラザースだったんすが、
(俺が雪だるまで遊んでいる時、働いてた良い子兄弟)
ラスベガスへ行ってきました、なんつってのお土産。

おおーいいな!アメリカ旅行。
いろいろあっても、結局全然嫌いになれない我が心のアメリカ。
コミックと映画とロックンロールと西部劇とバーガーとジャガイモ。
全部が最高だな。アメ公め。

なんだかんだでアメリカではジャガイモがクソみたいに美味かった。
1204093.jpg

朝のファミレスで食ったハッシュドポテトですら
ジャガイモ王国アメリカを確信させるバカウマぶり。

1204094.jpg

なんであんなに美味しいのかな。

1204095.jpg

脂のこととか全然気にしないで、容赦なく
ギットギトで作ってるからだろう
な、提督。
1204096.jpg

アメリカには壁の染みにキリストを見出し、ジャガイモにアクバー提督を見出す
気高い信仰心と習慣があります。アタマおかしいんか。

つーわけで、今俺がアメリカ行ったら、

お土産にしたい壁掛けNo1が

これ
1204097.jpg

スイッチを入れるとビクビク動きながら
カンティナ酒場の音楽をひとしきり流した後、
最後にこっちを振り向き

1204098.jpg

と言うナイス壁掛け。40ドル。

裸の提督を壁掛けに、って機械伯爵並みの外道飾り。


そんでジャガイモを腹いっぱい食った後は

こいつの世話になるしかない。

1204099.jpg

ってコラ、アメリカ。
たとえイカ人間でもウンコなんか食わないんだぞ。提督ナメんな。
posted by サンダーロードスタイル at 02:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

地獄週報4月第2週

週末はカマキリショックが大きすぎ
なかなかにガックンチョときておりました。

1240210.jpg

完全に食われた…



それはそれとして

無事、宇宙人だか異次元人だかの敵もワラワラと出てくることが決まり
パブも撃ち放題で期待も高まるアベンジャーズ。
もはや救いのないDC勢と違って、わが世の春だなスタンの親父。

今度の映画で実はもっともアベンジャーズのビジュアルイメージを
引き受けてた気がするジャイアントマンが出ないのは寂しいすが、
個別の映画を経てのビッグ3揃い踏みというのは、なかなか感慨深いす。
なんだかんだで笑顔が止まりません。

キャラクター的に一番好きなのはキャップなんですが
こないだの映画はよく出来てました。
ナミダジョージョンストンだった。ウルフマンでションベンジョージョンストンに
戻った時はどうなるかと思ったけど、ほんとよかった。


あのオールドコスチュームをきちんと劇中で処理し、

1204021.jpg

あのリニューアルしたコスチュームも反映し

1204022.jpg

そして見事に換骨奪胎した映画用コスチュームを成立させた、と。

1204023.jpg

実にたいした仕事っぷりでした。

最初のメーメン映画で「黄色いタイツでも着ろってか」と
コミックスをナメて調子こいてたイモ監督チンガーみたいな
黒くてディティール多そうだったらクールっつー
完アホの多い業界で、実に勇猛果敢なリスペクト&リメイク。
やー素晴らしかった。こういう直球が見たかったのよ。

で、氷漬け期間をたっぷり増やして現代に甦ったキャップが
活躍する今度のアベンジャーズ。

その後、コスチュームもいろいろ変遷してますから、
いったいどれだけカッコいい新コスチュームで登場するのかと


思ってた俺の目の前に


1204024.jpg

こ…これは

頭が長いというかでかいというか、ヒョーロクダマというか

どっちかっつーと、胸に似合うのは

1204025.jpg

てことは完全に

1204026.jpg

1204027.jpg

1204028.jpg

1204029.jpg


豚に真珠、俺にフォトショップ。
posted by サンダーロードスタイル at 01:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。