2012年01月31日

バブリシャス

作業場で暖房は一切入れません。
なので、物凄い厚着(上11枚、下8枚)で腕まくりして作業。

で、便所に行って、ほぼ塊となってるズボンを8枚分一気に下げ
用を足そうとすると、気のせいか、気のせいでないのか

なんだか股間から

1201311.jpg

ブドウの匂いがするわけです。

おかしいな。なんでブドウの匂いがするのか。
すごくいい匂いだけれども。

風呂でバブの香料がチン毛に移ったのかと思ったけど
ブドウバブには入ったことなし。
てことは、もしかして俺の尿からブドウ臭・・・え?糖!?

と考えるとマジでコワくなったのでツレアイに股間がブドウ臭いと
泣きながら告白したら、新しくした柔軟剤じゃないの?とあっさり。

ああそうか。

でも、待て。

聞けば新しい柔軟剤の匂いはオレンジの香り。

ブドウ臭は俺の股間オリジナル。
やばい。本格的にやばい。やっぱこれは尿かもしんない。
2粒の巨峰もぶらさがってることだし、やっぱブドウ糖尿発病か?


しかしすぐ謎は明らかに。

柔軟剤はオレンジ。それを少し残ってた「おひさまの香り」の入れ物に
足したんだそうで。そしたら2つが合わさって、違う匂いになったらしい。

その匂いをたっぷり含んだ俺のラクダ色のパンツ。

厚着しすぎて座りすぎて、俺の股間のスチームで蒸された
パンツは、洋便器に座ると俺の顔の真下で、柔軟剤の匂いを
爆発的に発揮してたという次第。

柔軟剤はレノアだったんで

まあこういうことですよ。

1201312.jpg


ステキ。

この泡、憧れてたんだ俺。

いい匂いって、いいぜ。


現実はこうですけどね。

1201313.jpg

ブドウ大好き俺。自分の尿からじゃないと判明したら、
何度も嗅いでしまう魅力の匂い。

しかし混合液の片割れ、おひさまの香りはもう販売してないんだそうな。
WFで希望者に嗅がせてやってもいいくらい
匂い消しゴム並に素敵なおれの股間のブドウ臭ですが
まあ、俺一人で毎便、毎便、楽しむとする。
posted by サンダーロードスタイル at 00:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

ニワカ

若い頃に傾倒したミュージシャンでも、大人の判断で聞きなおすと
思い出補正を考慮したとしても、ずいぶん稚拙だなーと
聞けなくなっちゃう人は多い。

若い叫びを拒否するわけではなく、叫びにも種類があるのを
明確に分別できるようになった為なわけです。
昔嫌いだったのに今聞くと素晴らしい、ってのはあんまりない。
嫌いなものはやっぱ嫌いで、好きなものの篩い落しがハッキリしてきた感じ。

だから今聞いてもすげーなと思う人は、相当凄い。
さらに深く強い愛情と敬意を抱くわけで、なんか首を作ろうとした時、
(かなりの時間その顔を見つめてないと作れないんで)
ついその敬愛する、もしくは思いいれのあるミュージシャンを
モデルとして選んでしまうわけです。

日本のミュージシャンで、いまだに聞き直して惚れ直す人は
もう作ってしまったんすが、実はまだ俺の人生において
一生聴き続けるだろうな、と思ってるバンドが
まだひとつ残ってまして。

今聞いても100%いい、魅力的なバンドなんですが



1201301.jpg

作ろうかなと思ってたのは、左のおっかない方。

改めて見ても凄いことになってんな。鬼ですオニ。
夜中に道で出会ったら親父がケイレン起こすっつーの。



で、今回の新雁首で、とずっと思ってたんですが、

流れでスエヒコ兄さんを作った手前、
(続きで考えてた残りの兄弟も含め)、
もう少し毛色の違った方がいいかな、と思い直しまして。

もう少し穏やかで我慢強い人物をセットにしたいなと。




その結果


1201302.jpg

我慢強そうなこの御仁が急浮上。
そのままゴールに駆け込んでいってしまったわけです。

最初に考えてた赤鬼からずいぶんな落差ですが、
わずかな写真から組み立ててみるのも面白いかなと思い、

つい。

1201303.JPG

スカ王国でやれってなもんですが、面倒なんで御勘弁。
posted by サンダーロードスタイル at 00:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

新雁首

1201291.JPG


特侠関東支部前にて営業する

隊員御用達の中華料理店


1201292.jpg


中心となって働くスエヒコ兄さんに

スープ作りを仕込んだ師匠であり

創業主。

黙って味を見守る(ここ重要)

香港育ちの我慢強い老人にして

料理の達人


ヤンさん!









1201293.JPG




こしらえた男


俺。


しかも仕事の合間に。


バカ全然ふざけてねーよコノヤロウ。
posted by サンダーロードスタイル at 01:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

逃げ放題

WFが近づくと、毎回思うんですが今度こそオモチャ買うぞ、と。
そう言って毎回毎回、全然買わずに帰ってくるのがオチ。
それでも抱く夢。今度こそ、オモチャめぐりするぞ、と。
だっていっぱいありますかんね。


最近強烈に欲しかったものというと・・・なんだっけか

あ、

これだ

1201281.jpg

ただこれは相手も2本持ってないと殴り合いにならないので、
夢のままでいいです。
オークションで見たら何万で売ってるし。


で、現実的に欲しいこのテのオモチャはというと

1201282.jpg

これは殴れる。かなり楽しく殴れる。

さらに、数本買えば

こういう感じでも遊べるかも。

1201283.jpg

ああ、やってみたい。

でも巨大触手に対する家となるとサイズの問題があるので
ミニチュアハウスか船の模型を買ってきて

これをバラバラに差し込んでみるのがいいかもしれない。

1201284.jpg


あと思い出した。

強烈に欲しい、これ。




これで会場を回る。

こんちわサンダーさんとか言われても、
オベーイ!とかエクスターミネー!しか言わない。

10人くらいで乗って動きまわったら楽しいだろうなー…

つーわけで、現実逃避率が非常に高くなってきております。はい。
posted by サンダーロードスタイル at 00:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

ジンイマ

今回はいつにもましてどうでもいい話。


正月のことですが、少し離れたファミレスまでパンケーキを食いに
チャリチャリと出張った時のこと。

せっかく来てみたものの、三が日明けなんで家族連れが多く、少し待つハメに。
俺は戸外で待ってたんすが、5歳くらいの子供が店内のドア近くで
ウロチョロしてまして。

食事が終わったらしく、落ち着き無く動き回っており
ドアを開けて出たり入ったりし始める。
それなりに混んでたのでちっと周囲に迷惑だなコイツと思って見てたら、
会計している母親が一声。じっとしてなさい。

それで落ち着くのかと思ったら、今度はドアを開けて
そのまま背中で押して開きっぱなしにしたまま鼻歌を開始。

店内に吹き込む寒風。

今度は父親らしき、開けっ放しにちゃダメ!とたしなめ声が中からかかる。

しかし子供は開け放したドアに背中を預けたまま、鼻歌。
どこ吹く風というか、涼しい顔というか、普通に開け放ったまま鼻歌。

こりゃしょーもねークソガキだな。親も拳骨くれないで、言うだけかよ。

と思ってたら、中からヨチヨチしたお爺さん登場。
その子の父親に付き添われている。
足が不自由なようで杖をついても、わずかずつしか進めない。

そしてヨチヨチと時間をかけ、子供が開け放ってたドアを通過。
お爺さんがドアを過ぎた段階で、子供はドアから静かに離れ
お爺さんの空いてる手をスッと持つ。

父親はお爺さんにどうもご馳走様でした、とペコリ。
その後、会計を終えた母親が追い抜いて車を取りに。
父親は母親と一緒に車に向かったんすが、子供はそのまま
お爺さんとゆっくり、急かすわけでもなく手を取ったまま歩いていく。

1201271.jpg

やがて全員車に乗って帰って行ったんすが
杖を持つ人から目を離さない父の判断は正しい。
俺は以前、婆ちゃんから目を離して転ばせた前科者でして。
動いちゃダメだぜと言って、車を取りに行ったすきにバッタリ。
少しでも車に近づこうと、ヨチヨチ動いて、足拭きマットに
引っかかったんだそうで(目撃者談)。
その判断ミスをいまだに後悔してます。
死んで久しいけどこういう後悔はなかなか死んでくれない。

周りに怒られようとも、彼なりに下見をして危機回避の為に
尽力してた子供の判断も正しい。
あの場にあったのは家族の完璧な調和と協力。

なのに

その美しさを理解する前に、自分の間尺や判断にあわない
という理由だけで瞬間的にカチンと来てる俺。
すぐチン腹立てるクソ野郎。

直感的に善悪を判断できるようになりたいんじゃなかったのか。
周囲の善意を汲み取れる人間になりたいんじゃなかったのか。

物事の1面だけ見て判断することが絶対にないよう、
正月から痛烈に教えられました。
この世でもっとも大切な事は他者への思いやりですが
相手を思いやるには想像力が不可欠。
簡単に怒ったり機嫌を悪くする前に、もっと想像力を働かせないといかん。
いまさらながら己の想像力の狭さ、感受性の鈍さに呆れるな。


そういやアインシュタインも言い切ってた。

1201272.jpg

くそー、脳で負けるならまだしも、人格でもまだ負けてるか。
立派な大人の男の道はまだまだ遠い。

だいたい加齢臭出てんのにまだ想像力が足りてないって、
どういうことだ。泣けるぜ。
posted by サンダーロードスタイル at 00:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

戦争終結

ウチの近所は郵便事情に若干問題がありまして
人手不足なのか、なかなか配ってくれないわけです。
遅配が日常的というか、責めるわけでもなく訊ねてみたら
その問題は認識していると言い切ってました。その潔さよし。
結局、改善の余裕はなさそうな感じで。普段の配達も午後4時が最速。

なので先日のWFディーラーパス。
一応配達追跡で調べてみたら、前日に局には届いているそうですが
ってことは、今日は夕方受け取れないのでもう明日だなと思ってたら
午前中にピンポーン。

おお!もう届いた!?新シフト採用か!

と思ったら


1201261.JPG

ん?ナニコレ?


1201262.JPG

完全に身に覚えなし。


そしたらツレアイいわく、去年にポテチ戦争があったろう、と。

【ポテチ戦争(ぽてちせんそう、英: Wars of Potatochips)は、
戦後日本に発生した市販ポテトチップス販売による内乱。
主に1962年コイケヤ家が開発に成功し、1967年量産化したポテチに
えびせんで先行するカルビー家が反乱を起こして行われた権力戦争のことを指す。
日本の定番、のり塩とうす塩、確かどっちかが美味くてどっちかがダメだった。
そもそも先に開発したのはどっちだ。コイケヤかカルビーか、と
言い争いになり、食い比べてみないとわからないということで
2011年秋、我が家でも大人気ない食い比べが盛大に行われた。】

その時に袋になんかキャンペーンがついてたから送ってみたんだと。


そんで


中を開けてみると


1201263.JPG

おいおい、こんないっぱいの袋菓子。
困っちゃうだろ、もう、コイケヤのバカ。



しかも半分は

1201264.JPG

1201265.JPG

復刻の非売品。珍しいのかよ。なんだかわかんないけど
うれしいなコノヤロウ。コイケヤラブ。
他の半分は通常のプレミアム商品みたいなヤツ。

ただでさえブクブク太って白ブタにターボがかかってんのに
こんなにポテチを貰ったら、WFまで何も出来なくなっちゃう。
指をナメながらビデオしか見なくなっちゃうぞ。

ということになると大変困るので、とりあえず封印。


ちなみにポテチ戦争をおさめたのはコイケヤでした。

海外のレイズやラッフルズを抑えての勝利で結論してます。

すごいんだなー、コイケヤ。
posted by サンダーロードスタイル at 00:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

卓番号決定

やっとこ届きました、ディーラーパス。

というわけで、卓番号は 4−25−12 です。

wf2012map1.JPG

wf2012map2.jpg

wf2012map3.jpg

前回からやすらぎモール近くが続いております。
企業ブースに用はねーので、出口に近い方がいいんすが
壁向きか。人が通りますように。
って目の前連絡通路か。風が吹きませんように。

今回も合同卓で、面子は前回と同じく、
グレイクレイ、ホビーホースモデルズ、&ウチです。

1201251.jpg

売り物は鋭意製作中。

たぶん雁首の新作、スエバストくらいは用意できる予定。

やー、この日報はこれが正しい。
毎日これくらいの報告でいいのです。
普段アタマおかしいのはどいつだ。
posted by サンダーロードスタイル at 00:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

技術論

そろそろWFの卓番号通知とディーラーパスが届いている臭いすが
ウチはまだです。メール便か。じゃあ4日遅れは覚悟か。

さて

仕事でバリバリとスカルピーをいじくり回して
息抜きにWF用でスカルピーをいじくり回してるわけですが
マラソン中の息抜きにジョギングするようなもんで、
全然気分転換にならず。

仕事用には油分を飛ばしたいいスカルピーを使うわけですが、
WF用には、開けてそのままのスカルピーを使ってます。
そうすると物凄い油分なんですね。新品スカ。


普段はその油分をこれで拭ってるわけですが

1201241.jpg



こないだDIYショップでこんなのを発見。



1201242.jpg

ほほう。ペンキを拭き取っちゃうほどとな。


で使ってみたら、手に優しいヌルヌル成分がたっぷり。
でも不織布そのものは強固で厚手。

なのでこの優しい成分さえ落とせば使えるかもしんない。

つーわけで落としてみたら使える。いいかもしんない。
再度、アルコールを染み込ませれば文句なし。これいい。
細かいケバもキレイキレイより少ない。

これ1袋10枚入りで300円くらいだったので
調べて同じメーカーのこれを発見。

1201243.jpg

これにてスッキリワーク。新品スカのベタつきも怖くないぜ。


ちなみに、ウェットティッシュや、ウェットクロスみたいなものは
粉のついた手を拭いたりと常に必要なんですが、みんな優しい
桃の葉エキスみたいなのが入ってて、ヌルヌルする。

買った史上最強にヌルヌルしたのが

これ

1201244.JPG

まったく使えなかった。
俺のお尻を拭くにもヌルヌルすぎて躊躇するレベル。
どうやって使い切ろう。夏場に金タマのわきでも拭うか。
赤ん坊も若いうちからこんなヌルヌルを覚えちゃうのは疑問だな。


つーわけでキレイキレイやハンドクリーナーに
水とエタノールを染み込ませてギシギシにして使ってるんですが

真似する人はひとつだけ注意。

よくドラマ流して作業してると、こうなることが多々ありますが


1201245.jpg

この涙を(近くにあるからくらいの理由で)ついアルコールをたっぷり
染ませた不織布で拭ってはいけません。
悶絶しているうちに感動が台無しになるし、夜中に変な声上げたり
慌ててツールをひっくり返したりと地味にパニック。

涙は乾いたティッシュでスマートに拭うのがスカルピャーの基本です。
posted by サンダーロードスタイル at 01:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

結果こう育つ

作業中にTVのCMで、
週刊偉人マガジンみたいなのが出ると聞こえてきて、
そのマガジンのおまけの偉人カードでバトルが出来るんだ、と!

なにー!

偉人でバトル!創刊号はエジソン!?

てことは、だ。

敗北続きだった俺のテスラで
エジソンに復讐できるチャンスが来たかもしんない。
電球を作ったのがお前じゃないって事を、お前の口から言わせてやる。

かかってこいトーマスアルバ!

エジソンは手持ちの動物カードを感電させ、
ダメージ転換によるチャージ開始。
交流電気の処刑実験攻撃を継続。

処刑実験の執拗なネガティブキャンペーンにより
12000Pのダメージを受けたテスラのターン。
まず5大財閥神のひとつ「鉄道王JPモルガン」を召還。

モルガンの資金援助によりテスラは40000Pの回復。
無線送信竜「ウォーデンクリフタワードラゴン」を発動が可能に。

エジソンはカウンタートラップを仕掛けており戦術展開を
阻害する対応魔術企業「ゼネラルエレクトリック」によって資金防御。

しかし、実はウォーデンクリフタワードラゴンの目的は
シカゴ万博カードの制限解除。

これにより、自動的に電気魔王「ウェスティグハウス」が復活。
最強電術「8連ナイアガラ水力タービン」による攻撃が発動。

ゼネラルエレクトリックを株価永続置換により封印!
テスラはエジソンカンパニーより、資金面で大きくリード。


見たか、俺のデッキ!

1201231.jpg

その後マンハッタンにテスラカンパニーを設立。
世界システムの開発に成功。これにより無線送電技術の
確立でエネルギー問題が回避されるとかになると、
歴史がずいぶん変わるんだけどなー

こないだのコミコンで発表されてた

1201232.jpg

テスラガンが、普通の製品として発売されてる世界が
来てたかもしれない。

なんつー事を子供たちに考えさせて遊ばせようってんなら
素晴らしい。


そう思って調べたら、現実はこんなだった。

1201233.jpg

こら、クソ以下って言っちゃダメ。
頑張って描いてる人もいるんだぞ。
にしても魅力ないにもほどがあるという
あなたの意見も正しい。写真でいいじゃねーか、ってな。


わざわざ子供に見せる絵ってのは

興味をもって学習させる絵ってのは

こういう事で結論が出てたんじゃなかったのか。

1201234.jpg

1201235.jpg

1201236.jpg

でもまあいいや。

俺が今日はちょっと楽しかった。
posted by サンダーロードスタイル at 00:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

烏合のシュー

ゲームをしない人種なわけですが、嫌いかっつーと大好きです。
でも好きなのはほぼガンシューのみ。

最近は細かく狙って撃つガンシュー筐体が減ってるんでゲーセンにも
とんと足を向けておりません。銃弾ばら撒き型のは面白くない。

それでも新作は一応チェックしてるんですが、

今度はこんなのが出るそうで。


1201221.jpg

って、ダメだろ。
横に敵がいたら、銃はそっちに向ける。これ本能。
俺は敵に飢えてんだ。


しかも

1201222.jpg

アニメ臭えのかよ!小娘に銃なんか持たしちゃダメに決まってるだろ。

俺らオジサンはな!銃を構えたら、

こういうのを撃ちてえんだよ!

1201222b.jpg

1201223.jpg

1201224.jpg

汚れ仕事は男に任せてくれ。


だいたいアメリカなんかな

実銃の的で、こんなの売ってるんだぞ。

1201226.jpg

70ドル。


高すぎる方には紙製をどうぞ。


1201227.jpg

2ドル50セント。くだらなすぎる。

精神年齢、いくつだ。

俺と同じか。
posted by サンダーロードスタイル at 00:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

カエラズ

世界最小のカエルが発見されたという話が去年の暮れに
あったんですが、そのサイズが7mm程度だと。

1201211.jpg

え?

これで世界最小?これで世界最小の脊椎動物?

おかしいな。

中学の時、理科室の水槽にカエルがいっぱいいまして
そのカエルが指先に数匹乗るくらい小さかったんす。

真っ黒でまさしくこんな感じのサイズ。

1201212.jpg

オタマジャクシではなく完全な成体。ミニガエル。

当時はもちろん貴重なもんではないと思ってたんで
特に気にしてなかったんですが、連中は小さすぎて
ジャンプしてガラス壁についたりすると、そのまま自力で剥がせず
乾いて死んでるんですよね。

外敵相手にどうやって生きていくんだろう、このサイズの
卵ってどんなだろうと考えた記憶があるんですが
このニュースを見て、日本最小のはどんなだったのかと調べると
ヒメガエルという種類で小さくても体長20mm。

じゃあ中学生時代クラスでいちばん小さかった俺の指に
4匹は乗せられた真っ黒いカエル、あれはなんだったのか。

中学の理科室で希少種の飼育?ありえねー。
極秘に飼育するには劣悪な環境だったし、
それを実行するほど個性的で知識、野心のある教師はいなかった。

じゃやっぱし俺の思い込みで、記憶が間違ってんのかな。
確かに理科室にはよく一人で入り込んでた。
技術室、視聴覚室、音楽室と、常に一人で入り込んで
武器を作ってみたり、午後のロードショーを見たりしてた。
だから誰かと一緒に見たという覚えは、というと、ねーな。

でも張り付いて乾いた数匹の姿までが俺の想像の
産物だったのかというとそれもやっぱり信じられない。
指に乗せて、ペトっとした感覚も覚えてるし。
そもそも普通に置かれてる水槽のひとつで、
特にファンタジックな状況でもなかった。

すでに母校である中学は解体されてないので、謎の真相は
生涯知るべくもないんですが、なんだったのかなーあの黒いカエル。
イモリとか別の両生類だったんかなー。
まさか群馬だったから秘境的な生き物だったんでは。



ちなみに

現在の我が家の水槽にはこれが沈んでおります。



1201213.JPG

そろそろ睡眠時間をゼロにして頑張らないとな。
posted by サンダーロードスタイル at 00:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

枯渇する20世紀

本日やっとこ、ずいぶんと見損ねてたこれを見まして

1201200.jpg

内容は推して知るべしてなもんで、宇宙人が攻めてきたので
戦うというお話。

何がどうだとか、宇宙人の理由だとか、普通の人が気にしそうな説明は
一切関係なく、ただただ海兵隊の1チームの苦労話を描く映画。
評判は芳しくなかったようですが、俺は普通に面白かったです。
ゾンビよか全然いいもんね、宇宙人。


で、肝心の宇宙人。

半生半メカの歩兵なんですが

1201201.jpg

撃ってもなかなか死なないので、死に損ねてるのを一匹捕まえてきて

どのあたりを突くと死ぬのか、弱点探しの解剖シーンがあります。

1201202.jpg

ひさしぶりに楽しそうにやってんな、とエヘヘと見てたわけですが



実は!


このエイリアンの肉片のプロップレプリカを!


少し前に入手していたのだ!


1201203.JPG




と言いたいとこですが、正体はなんと




1201204.JPG

150円。JR鳥取駅の売店で好評発売中。

にしても干したか・・・水分と舌触りが魅力の梨を。

劇中で、海兵隊に必要なのは勇気だ!と言ってましたけど
これを食ってみる勇気は、なかなか出てこないので袋のまま保留中。

この、俺のいくじ梨!
posted by サンダーロードスタイル at 00:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

ノーメモリーノースライス

最近、老眼っぽいことがあります。目の焦点が合いづらい。
特にメガネを変えてからなんで、それかなと思ってたんですが
どうもメガネ変えてもそういう不具合を感じる。老いたか。

30代前半で、チン毛に白髪が発見された時、
完全に俺は終わったと思い、泣きながら引っこ抜いた記憶があります。

幸いにもなぜかその後、白チン毛は生えてきてないですが、
頭チン毛、じゃなかった頭白髪も増えました。完全に老いたな。

で、先日、国芳の金タマ版画を見て爆笑した後に
バーガー食ってたら、ある音楽がかかった。

初めて聞く曲だけど、これぞあの人というフレーズ。
ほら、あの・・・えーと、俺の大好きな・・・

その名前が出てこない。

またか。

簡単に思い出せない病。完全に老年性健忘症発症。
終わりの始まり、終末の兆し、ビギニングオブジエンド。


間違いなくこの曲はあの人。もうわかるんだ、チュクワカした感じ。


顔は浮かぶ

1201191.jpg



担当したシャフトのサントラも浮かぶ

1201192.jpg



主演した映画も浮かぶ

1201193.jpg

邦題はブラックハンター。VHSは持ってる。


ゲストで出たスターゲイトの役も忘れてない

1201194.jpg


なのに名前が出てこない。


ブラックカルチャーの中でも屈指の存在であり
ホワイトカルチャー最強のスネークプリスケンと渡り合ったうえに
監督の嫁を轢き殺したその偉大なる名前を思い出せないとは

1201195.jpg



結局帰りに渋谷のタワレコ寄って、筋肉雑誌を買ったついでに
サントラコーナーに行って確認しようと、敗北感たっぷりで向かったら、
コーナーが大幅縮小されててタイトルが全然ない。

それならばとDVDコーナーを見たら、商品がない。

ああそうか、今はブルーレイだもんなと思ったらそこにもない。

マジかよ。全米総ナメしたあの作品置いてないの?タワレコ?
ノーシャフト、ノーブラックカルチャーだろ。
トランスフォーマーなんか全部捨てて、シャフト置いとけ!
そんなに並べて誰が買うんだトランスフォーマー!


で、結局、判明しないまま悶々と帰宅。


数時間後自力でどうにか思い出したわけですが
以前、アハ体験だとか言いだすアホ学者がいました。
思い出せないものを思い出せても、湧き上がるのは自分への怒りだけ。
アハ、じゃねーんだよ。ぶっとばすぞ。俺に拳骨くれてーわ。


つーわけで

1201196.jpg

アイルネバーフォーゲットアイザックヘイズ。

書いてる最中、バラエティ番組のエンディングで
ソウルマンが流れてきました。
40年経っても現役で使われる名曲なのになー。

こんな調子でなんでもかんでも忘れるようになっちゃったらどうしよう。



これに始末されるんではあるまいな。

1201197.jpg

※ 悲しき天才怪獣ノーマンは、忘れすぎてスペクトルマンにスライスされました。
posted by サンダーロードスタイル at 00:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

パイオニ屋

前期の展示が今日まで。

後期展示でかなり入れ替えるということなので行ってきました。
国芳展。

そうじゃねーかなと思ってたけど、やっぱそうだったゆえに
小刻みに溜まるイライラ。都心、ほんと出たくねーな。
ファックザロッポンギ。

こんな状況で見られるんかよ、と思ったのも束の間、数枚目にはもう熱中。
やー、量も多く素晴らしかったです。


武者絵なんかのカッコよさは当然としてですが

現代において、世界に誇る日本マンガ文化。

その中のトップアーティストであるフジオアカツカが
到達したネコの境地が


1201181.jpg




それに対し、世界に誇った浮世絵において
国芳の放った160年前のネコの絵がこれ




1201182.JPG

切り開きすぎてるだろ、未来を。



こういう展示が多くて楽しかったわけで

さらに、んあー感爆発の金魚に連れられたおタマジャクシや

1201183.JPG


金タマ袋を前からかぶって雨よけする親子狸など

1201184.JPG

アグレッシブな仕事の数々の中


だるまの絵に謎を発見。

1201185.JPG

この絵の続き、

1201186.JPG

左の子供はナニをやっているのか。

すでに人間化しただるまの尻からなんだかニガショッパい汁でも
出ているのをナメているのではないのか、はたまた肛門から
空気を吹き込んでいるのか。謎。
帰って調べたんですがわかんなかったです。

で、明後日から展示がごっそり変わってもう一度いくハメになりそうです。
まあWF後までやってるんで、いいんですけどね。

ちなみに後期の展示で期待している絵は

アタマをゴチンと神棚にぶつける福禄寿の絵。

1201187.JPG

今で言えば、キリストが磔刑の傷口にワインこぼしちゃって
イテテテみたいな事か。はたまた釈迦が「足シビレ過ぎて
感覚ないんだけど、弟子ちょっと触ってみて」とかか。

どっちにしても、切り開いてます。カッコいい。
posted by サンダーロードスタイル at 00:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

自由治癒元年

先日は少し頭のよさそうな話を書けそうな予感がしたものの
結局ライダー写真で終わってしまい、毎日毎日こんなことばかり
考えてると思われるのは不本意だなと、若干の後悔をしております。

実は書く寸前にNHKの「日本人はナニを考えてきたか」という番組見て
ものすごく感動してたんですが、キーボードに向かったとたんあのザマに。

なので昨日のそのTVの話。

先日の放送は第2回。前の週にたまたま見たら、とてもではないが
合点しかねる運びなうえに、ゲストのあたしは美人ですと言わんばかりの
強引なカットインぶりに、また3流連中揃えたクソエチケー番組か
と心で唾を吐いてたわけです。
しかしチョーミン(中江)の事をあまり知らなかったんで理解するまで
見てみるかと流してたんですが、結果、噴飯でEND。


そんな1回目だったんで続きをノーチェックだったんですが
ツレアイが獅子の時代の話をやってると、わざわざお知らせ。
なのでゴーカイジャーを止めてすぐに見始めたわけですが
タイトルは「自由民権 東北で始まる」。

そもそも大前提としてまず、唯一見る価値のある大河ドラマ
明治の激動を描いた「獅子の時代」。
その主役であった銑次役のブンタスガワラが、会津をはじめとする
自由民権運動の実際について追っていくというのが今回の内容。

1211173.jpg

で、当然ながらそこに壮絶な歴史と理想と男の生き様が
見えてくるわけですが

泣ける。

中でも秩父困民党の供養塔の前に、老いた銑次が手を重ねる姿はもう
泣けて泣けてしょーがない。反則映像。

間違いなく獅子の時代はこの番組で完結した。

そしてあのラストシーンの続きを、現代に見た。
まさしくこれだ。

1201171.jpg

あれほど雄々しく、厳しいエンディングの続きが
このドキュメンタリーの中にあった!と
俺もう全開泣きベソ、こきっぱなし。日本語崩壊なくらいに。


よーし、この感動を日報で書こうじゃないか!

じゃあなんか、かっこいい獅子の時代の画像はないもんかなと
探してみたら、DVDやVHSのパケ写真程度しかない。

そしたら、なんかイカす掛け軸の写真を発見。

おお!獅子の時代の掛け軸!なんだわかってる人いるじゃねーか。
このドラマを理解し、熱狂できるだけのハートを持った奴が
いるなんて捨てたもんじゃないぜ。

と思ってクリック!

したら開いた、掛け軸をこしらえたバカ人間の日記。





結局、これか・・・




1201172.jpg

検索かけたら俺の文しか出てこないとか、面白い話を
聞いて喜んで人に話してたら、以前俺がついた嘘だったとか。

ちなみに犬が自分の尻尾を追いかける行動は、
遺伝的脳疾患と考えられてたそうですが
現在の研究では、高コレステロールがホルモンに影響をおよぼし
パニック障害的な状況を引き起こしているらしいという説が
出てきているそうで。それは人間と似た症状なんだそうで。

学者テメーこのやろう。病気だったら治療して欲しいんですけど。
posted by サンダーロードスタイル at 00:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

心癒す風景

以前借りてた家、大家さんの都合で追い出され
現在の家に引越しまして。

追い出されたっつってもウチが悪いんではなく、
大家さんの介護の都合とかで仕方なく急遽ということで出たわけです。
長く住みたいということで不動産屋さんに探してもらった家なので
2年で出されて、だいぶショックだったんですが
その不動産屋さんは本当にいい人でアフターケアも万全。
東京に出てきて出会った数少ない善人の一人だったわけです。

その不動産屋さんが本日いきなり訪ねてきまして。
以前の家の大家さんと話したところで、俺を思い出したので
挨拶に来たとのこと。その後いかがですか、と。

現在は不本意ながらその不動産屋さんのお世話になってないので
今住んでるここは静かで快適ですとご報告。

いかにいい具合に過ごさせてもらっているか、という説明の中で
俺が力説したのが、少し離れた畑。

そこでおじいさんが農作業してるんですが、商業目的でバリバリと
やるのと違って、少ない野菜を丁寧に愛でながら作っておられる畑。
このおじいさんはいつもきちんと挨拶をしてくださり、仕事の準備も万全。
ずいぶん前だけど、完全武装でハチと戦ってた。
決して頑健な感じでもないんですが、さりとて風雪に負けるわけでもなく
実に柔らかく優しく農作業をやられるわけです。
その姿が美しいんで、そんな素晴らしい光景が近くにあるだけでも
修学院離宮と同じレベルの借景ですよ、心癒されます、なんつー話をしまして。
そしたら不動産屋さんもいいわね修学院離宮!なんつって。


修学院離宮は京都の庭の中でもマイフェイバリット庭。ザ・ビッグガーデン。
理由は、働く農民と畑を庭に組み込んでいるからです。
ミレーに代表されるバルビゾン派と同じく、土に根ざした生活の
力強さを美しいと見るその感性。後水尾上皇のセンス最高。

俺はそういう朴訥としたものに大変惹かれる方なので、いつか自分で
家を立てたら借景を組み込みたいなと思ってるわけです。


いちおう説明しときますが、借景ってのは、窓や庭から見える遠くの風景も
構図として取り入れて一幅の絵画のごとく、光景を完成させる技法です。


窓から見える壁の向こう、比叡山がキレイだな、とか。

こういうの。

1201161.jpg

でもまあ得体の知れない山を見たところで俺のハートは燃焼しない。


俺だったらどうするかと考えるに

開けたらこんなのが見えたりするのが理想。

1201162.jpg

なに、どこだかわかんない?

バカヤロウ、ライダー第1話のダムが見える窓でしょうが。



あとは開けたら

1201163.jpg

多摩川沿いを本郷が拉致されて運ばれるのが見える窓とか


その後、カンカンに怒ってエンジン全開サイクロンで
戦闘員を追い掛け回す後姿が見える窓なんかが最高。

1201164.jpg

まー、なんだ。

TVに枠つけた方が早いか。
posted by サンダーロードスタイル at 00:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

イデンコ

ワイオミング大学の分子生物学者が、
蚕に遺伝子を埋め込んで、クモの糸を吐き出すハイブリッド蚕を生み出したそうで。


1201151.jpg

まだクモ度の混入率4%以下なものの、強度はすでに天然絹糸の倍。

もし研究が進んでパーセンテージが上がったら、安定量産可能な
クモの糸が作れるということに。


以前マダガスカルの人が70人で4年間かけて(夏の作業だけだけど)
クモの糸を紡いで布を作ったことがありますが

1201154.jpg

クモ糸生産を工業技術までに昇華されたら(昇華と言っていいのかどうか)
次はもうこれになるわけで。

1201152.jpg

1201153.jpg

クモの糸は、今まで再現しようとしてもなかなか出来なかった天然の奇跡。

鋼鉄の5倍の強度と、いっぺん出したものを食ったらまた糸に出来る場合もある
ナイス蛋白。

ウェッブシューターが可能になりかかっているという現代。
恐るべし遺伝子いじくり。これは困ったもんだなと思ってたら
別のニュースで、スーパー兵隊アリを作ることに成功したという話が。


アリにおけるスーパーソルジャー計画は、カナダの大学の研究で
まれに自然発生していたアリの特徴を、遺伝子操作したホルモンを
塗り塗りすることで任意に再現したというニュース。
(ちなみにカナダのスーパーソルジャー計画で生まれたのがウルバリン)

このスーパーアリは巣の入り口を体(頭)をはってふさぐ係りだそうで。


どんなんだよ、と思ってたら



1201155.jpg

どれほどまでに悲しすぎるモンスターだ。
再現すんじゃねーよ学者テメーコノヤロウ。

もうほんと、こういう事ばっか研究していることに科学的なトキメキと
同時に、ものすごい危機感も感じるわけです。


遺伝子ばっか面白半分でいじくりやがって

間違って漏れて、人間だったらこんなんになっちゃうんだぞ。


1201156.jpg

もし研究者に俺みたいのがいたら真っ先に試しちゃうんだからな。


後輩で。


遺伝子遊び、ダメ、絶対

1201157.jpg
posted by サンダーロードスタイル at 00:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

その後の

ピット・・・ケイジ・・・いやケースだったかな。

そうだ、ケースファイト。

って言うらしいです。

檻とか狭いところに入れて、死ぬまで戦わせる。
昔に流行したようですね、地下プロレスとか、あの類です。
まあ、非道い見世物ですよ。


でも、あっしなんかそんな見世物として喧嘩させられるのが
ちょうどいいんじゃねえかって思ってもいるんですよ。


そりゃ昔は狂犬呼ばわりもされたあっしです。


あの頃はただただ湧き上がって抑えきれない暴力衝動を
他人様にぶつけてしまった。その結果・・・

10と2回

府中で冬を過ごしました。

ずいぶんと考え、自分を省みたつもりです。

お勤めを終え娑婆に出たところでアテもなにもない。
就職先もなきゃ、身寄りもない。
そんな八方塞りのあっしに、お世話になった先生が
仕事を紹介してくれたんです。

見世物の殴り合い。

選ぶ資格なんかないですよ。

喧嘩相手を用意してくれる。ゼニがもらえる。
相手は不法入国者ばっかりらしいですが、詳しい事は知りません。
殺らなきゃ殺られる。だったら存分に、やるまでです。

1201142.JPG

1201143.JPG

1201145.JPG

1201144.JPG

1201146.JPG

1201147.JPG

あっしはアゴ付でやらせてもらえてまして、いただいた給金は
全部みなしごネズミハウスに送金してもらってます。

だから

明日も、明後日も



このケースの中で

1201149.JPG



ずっと

1201148.JPG


「実録!ケースファイトのトッポ」



つーわけで、コビト飼育ケースはもう買わない。
posted by サンダーロードスタイル at 00:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

むかしの星からやって来て

ちょっと前に、こういう食玩を買いました。

1201131.jpg

要は水槽というか飼育ケースが面白そうだなと思ったわけです。

というのもあまりによく落ちて散らばるウチのコブタ連中を
どうにかまとまらないものかな、と思いついたわけです。

しかし入れてみると

1201132.JPG

なんつーか、どうにもならない感じが。
なんかナメられてるような感じもするし。


他に小さい動物なんかも入れてみたりしたんですが
基本的に生き物を閉じ込めて飼うという行為が大嫌いなので
飼育ケースに入れる事自体がどうも気に入らない。まったくしっくりこない。
そういう性格なのにそんなの買うからおかしいと思った、と
ツレアイに言われる始末。


じゃあ飼育ケースに入れても心の痛まないものを探すかと

ウチにたくさんいるバッタを入れてみたんすが

1201133.JPG

すぐケンカになるわけで

違う種類のネイチャーを入れても

1201134.JPG

まったく心落ち着かない構図にしかならない。


これは気持ちを切り替え、住環境を整えてみてはどうか、と思い

これまたウチにいたサソリを入れてみたわけですが

なんつーかこう

1201135.JPG

フタをしてみるとさらに

1201136.JPG

さびしい。

怪人なのに生活苦。そういうの全然感じたくないんだけどな。



ので、現在は「ほえろ子マンモスくん」で落ち着いております。

1201137.JPG

結局、飼育ケースの意味なし状態で、だったらミノルケース(同じ値段の
小さいアクリルケース)買えばよかったと大変後悔しております。
posted by サンダーロードスタイル at 01:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

J衛星顛末記

先日マンガ話の続きすが、こないだF全集第三期のオマケ
Fアートが届きました。

1201121.JPG

石森記念館限定の墨汁一滴に寄稿されてた絵が、貴重だと
こっそりニマニマしてたんすが、あっさり掲載。

1201122.JPG

いやー、このF全集のカバーぶりは凄いんではないか。
キャッチャーフライから外野席で売り子が落としたホットドッグまで
拾いに突っ走っていく守備範囲というか、実力ぶり。
基本的に俺は全然詳しくないので、どこまで凄いことを
成し遂げてるのか、詳しいドマニアの人がいたら聞いてみたいす。


で、いちばんワクワクしたのが、これ。

ジェイムスン教授の下書き!

1201123.JPG

さすがに声が出ました。これ。


ジェイムスン教授とは、死んで宇宙で何千万年か漂ってたら
宇宙人に捕まって面白半分で蘇生させられ、箱型の味気ない
機械の体を与えられ、まあいいかと大冒険開始というお話。
人間ゼロの話なのに、これが不思議と普通に面白い。
まさに小説ならではの表現なんでしょうが、これぞセンスオブワンダー。


本国ではこんな表紙。

1201124.jpg

1201125.jpg

こんなデザインなのにカッコよくまとまっちゃうってどういうこと?


そして我らがFの手による

1201126.jpg

改めてなんつータイトル。頭悪すぎで、カッコよすぎる。
Fアートにはその原稿依頼のエピソードも掲載されてて涙。


つーわけで、第4期は確定なのはもう覚悟キメたとして
リボ玉と球関節はたっぷり用意してるんで
いつか必ず可動教授を作って遊ぶんだぜ!


と決意してすでに2年経過。



もうムリかもしんない。
posted by サンダーロードスタイル at 00:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。