2011年11月28日

地獄週報11月最終週

先日のお祭り、無事終了した御様子。
自分も一般日初日に展示見てきましたが、あまりの行列に唖然。
しかも物販ではなく展示エリアへの列。ははぁ、これはおそらく
今回発表のネクサス人気だな。先日のダイジェストでまたしても
大泣きしてウルトラマン頑張れ!と鼻水たらした連中か。愚かな。

俺は賢いので久々の秋葉原、先にジュネッスブルーの首を見つけてから
ホクホクと会場入りですよ。こないだやっと見つけた創絶のジュネッスを
忘れて落札し損ね、後ろに反り返って歯を食いしばって以来、
憤懣やるかたなかったハートが少し落ち着いてのご入場ですよコノヤロウ。

で、会場に案内されると、想像以上におしゃれに飾られてあって
彩色してから見るのは初めてでしたが、さすが大手はなんだか違うなーと
感心することしきり。

今日あたり評判でも出てんだべ、と調べてみたら、反応もよさそうで一安心。
やーよかった。商業原型は制約が多いので基本的には心を殺して
平常心でやるのが常ですが、今回はこちらの意向を汲んでいただいたりして、
実にノレて楽しかったです。
原型にもそれが出てるなと自負してたんですがいかがだったでしょうか。


さて話は全然変わりますが


先日、今年のベストムービーがソースコードと言ってた
舌の根も乾かぬうちに、早くもチャンピオン交代。
大師匠曰く今年No1。見たらまた実写に戻りたくなるよ、と。

いやいや、そんな事はねーでしょう。キャップ見ても
そうは思わなかったもんな。と半信半疑で見たのは
まさかのノルウェー映画。

1111211.jpg

トロルハンター。(日本公開来年3月)

形式はブレアウィッチやクローバーフィールドみたいな
POVのモッキュメンタリー。
つまり主観撮影メインのドキュメンタリー風な作り。
しかし大きく違うのはやはり産地。ノルウェー産。

アメリカ産だとたいていこういう低予算臭いホラーってのはスタッフが
マンガTシャツの短パンで半笑いのデブばっかし(偏見です)つーのが
タリメーの風景ですが、そういう連中が過去に作ったトロル登場映画っつーか
トロルっつー映画なんか、こんなんですかんね。

1111213.jpg

1111212.jpg

人生ナメてます。なんだこれは。カビの生えた石橋蓮司か。

まあこれはこれでいいんですが、とにかくノルウェー産はこの系統とは一味違った。

ノルウェー人で検索かけたら出てきた画像が

1111214.jpg

さすが祖先はキリスト教圏に黙示録が始まったと絶望させるほどの
アグレッシブな殺しぶりを見せたバイキングだな、と思わせます。
この世の終わりが来たと思わせる連中って、どんなだよ。

という連中の末裔が怪物映画作ったわけですから、逃げ回って
泣き叫ぶヘッポコ映画になるわけございません。


内容はというと
主人公ら若い衆がクマの仕業だと思ってワイワイと
調子乗ってこんな感じで取材対象を追いかけてたら

1111215.jpg




こういうことに

1111216.jpg


なに?全開逃げてんじゃねーか、って?

バカ、捕まりゃ食われちゃうでしょーが。


でも大丈夫す。

ハンターは普通車にこれを装備。

1111217.jpg

ポスターのサイズを見て判るとおり、こんなのつけても効果はゼロ臭いですが
上等だテメー!デカっ鼻コノヤロウ!とばかりに応戦。
クローバーフィールドに足りないのはこれだぜ、って感じ。

今年もあともう1ヶ月だけど、これを超える映画出てきたらどうしよう。
posted by サンダーロードスタイル at 00:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

地獄週報11月第4週

告知というほどでもないんですが、今週末にけっこう大きな
オモチャ関係の祭りがあるじゃないすか。いやあるんですけど、
その会場の一角に、なんだかやたら男臭い・・・というエリアがあったら
その男臭、もしかしてサンダー臭かもしれないす。5人分くらいの男臭。
ライダーやウルトラに混じって、上腕部の血管が気になるようなのを
探してみるのも一興、くらいしか言えないですが、一般日には
自分も行って周囲の反応を見てみようかと思っております。


というわけで、

ここしばらくやっていた仕事が先週どうにか落ち着き、
納品のその足でどうしても見たかった映画見てきました。

今イチオシお気に入りの黒人オムスビ俳優

ジェフリーライト

1111211.jpg

が出ていると冒頭で知って、ものすごくテンションがあがった

これ

1111212.jpg

えー、本年度ベスト1でした。100点満点で1500点。
久しぶりにポップソーダでなく上質な紅茶レベル。2徹明けなので
量子論の説明で一瞬、記憶が飛びかけたもののギリギリ持ち直し
きっちり見終え一安心。ひさしぶりに指先まで行き届いた映画で
前作と同じく小粒感がまた快感。1アイデアに丁寧に包まれる快感。
出来のいいSF短編を読んだ、ハヤカワ臭いあの感じ再び。
なんつーんすかね、夏への扉を読み終えた時のような、読後に
世界が1ページめくれて新しく感じられたみたいな、あんなトキメキ。

さらにエンドクレジット、カメオ出演でスコットバクラの名前が!
そうか、あの声は・・・うおー、泣ける。
そういやあんたもお父さんに電話してたっけなサム。
その姿が浮かんでまた涙。くそー、やるぜダンカン。

アオリ文句であった映画通であるほどだまされるという部分は
これを書いた人がいったいどの時点でだましを感じたのか、
(謎はわりと前半から順当に解明されていき、特にヒネりはない)
どこを感じてこういう文句を書いたのかまったく理解不能。
映画の仕事、向いてないにもほどがある。クビだクビ。

で、

ど徹夜明けにも関わらず、寄りたいカッフェーがあるなどというので
映画後、てくてくとそこを目指すと、近くに東京タワーが見えるじゃないすか。
しかも俺が知ってる形と少し違ってる。おかしいな、いつの間に。
で、ライトアップもされ始めちゃったので吸い寄せられるようにフラフラと。

展望台までは上る気はなかったものの、なんか面白いものでも
あればと思って、東京タワーのマスコットキャラ、
ノッポンの

1111213.jpg

ノッポングッズなんかを選んだりしてきました。

1111214.jpg

可愛い犬のペニス人形ではなく、可愛いノッポンボールペン。


帰り道、すっかり疲れ果ててグーグー寝ている俺の胸から
合掌した男の手がニョッキリ出ていたのをツレアイが目撃したそうですが
ついにスタンドが発現したのか、それとも増上寺で便所借りてウンコしたのを
ケツの穴の小さい仏が根に持っているのか、あまりの疲労で俺が昇天しかけてたのか、
ツレアイのショボショボの目玉がチカチカしていただけなのかわかりませんが
胸からスーッと出てて消えたらしいです。

ちなみに当のご本人であるワタクシは、あのノッポンの中身は

こんななのか

1111215.jpg

ハタマタ

こんななのか

1111216.jpg

という夢を見ながらヨダレをたらしてたので、ハナゲほども感知せず。

まあ今度、手が出てきたらもうちょい引っ張り出して、せめてクソの役にでも
立つよう仕上げの磨き作業仕込むしかねーす。断ったらユビ全部折るし。


もしくは、ハナゲ以下のくだらない見間違いを言うツレアイの目に

1111217.jpg

イッパツくらわすしかねーす。

寝言は寝て言え。
posted by サンダーロードスタイル at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

地獄週報11月第3週

早速、川谷拓三映画祭の目当ての一発目を見逃す



納品後あのまま銀座まで見に行ってたらマジで死んでたと思うので、
戦略的撤退として一時の休息を選択したその判断やよし。大人になったなー俺。

翌日まで上映しているので、翌日こそ必ず!と誓う



結局





1111141.jpg

復活できず。 すっかり焼きが回ったなー俺。

所詮、俺の映画見たい度なんてその程度か。

と言いたいとこですが、今回は冗談抜きで命削って頑張ったので
休まないと本当に死にかねない勢いで、これで映画なんか見てたら
アタマから煙吹いて倒れてるっつーの。寝不足ナメんなよ。

そんな話ばかりもアレなのですが
そういうわけで、仕事ばっかしているのです。

仕事でスカルピーを狂ったようにいじくってると、休憩時間にまで
いじる気力はないわけで。そういう理由でオリジナルは一向に進まず、
外にも出ず、オモチャも買わずなので、なんも進化がございません。

そうしている間にも年賀状がどうたらなんてのが聞こえてきて
年賀造型の季節です。このやろう。来年は、龍か・・・これまた面倒な・・・

あとちょっとで一段落つきそうなのでとにかく今週、今週いっぱい
駆け抜けるぜ。考えないでとにかく今週を駆け抜ける。

こんな感じが理想。

1111142.jpg

楽しく行くぜ。
posted by サンダーロードスタイル at 15:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

地獄週報11月第2週

ギリシャ人の1日が表になって出てましたが

1111071.jpg

なるほど。

なかなか仕事しなくて素晴らしい。

どれ、俺の最近を

この表にハメこんでみたらどうだろうと思い

1111072.jpg

まあそういう事になるか・・・

でも、そこは自由業。通勤ナシの制約ナシ。

映像は流し放題の音楽聴き放題。
休憩は取り放題の、衣装も脱ぎ放題。
途中、オモチャで遊び放題のお菓子食べ放題。
自己管理さえ出来ていれば、すべて自分のペース。


なので実際はこういう事かもしれんす。

1111073.jpg


っつー、思い込みも痛々しい追い込まれ生活。

をしているにも関わらず、まさに今日、映画を1本見てきてしまいました。
時間捻出すべく睡眠削って、ドリンク剤飲んで。


大スクリーンに冒頭からいきなり、

昆虫ドキュメンタリーフィルム並みの接写で


1111074.jpg

水虫治療シーンのどアップ。

マンガだと伝わらないかもなのでイメージ写真にすると

1111075.jpg

これもんでユビの股をグイっと開いたところに
沁みる水虫薬をジャブジャブつけている男こそ



1111076.jpg

監督、ご本人。

そう、現在絶賛開催中のこれのプログラム。

1111077.JPG

見たいのが多かったんすが、どうしても時間とれず、
ほとんどを諦めつつも、それでもどうしてもこの映画だけは、と
メシ食うと寝ちゃうのでペコペコの腹をギュルギュル
鳴らしながら、ソフト化されてない映画
「顔役」を見に、朝イチで池袋まで行ってきたわけです。


劇場に到着すると、早くも大師匠がおり本日の上映回すべて見るとのこと。
さすが本物は全然違うぜ。よく俺のアイドリングは他人のサードギアだと思って
セーブして接触するのがツネですが、大師匠の場合、俺のトップギアが
アイドリング状態。俺程度では口が裂けても映画が好きなんて言えません。


で、内容はというと勝新がどこにこだわったかわからないものの
とにかく凄くワガママを言ったんだろうなという映画。
つくづく勝新は凄いす。昔はパンツにナニが入ってたとか言い出す
イヤなおじさんとしか思えなかったんすが
いまや尊敬の念しか抱けません。素晴らしい。素晴らし過ぎる。

ちなみに、先ごろネットで貼りまくられてたこの映画のビハインドザシーン

1111079.jpg

ご兄弟の両脇は、本物。いい写真です。
なんでもソフト化されないのは、賭場のシーンで映ってちゃいけない
本物がたくさん映ってるからだとかなんとか。でもそれは東映だと普通なので
ウソ臭いすな。どうでもいいから早くソフト化して欲しいす。

映画が終わるやすぐに戻ってきたんですが、これでしばらくは
行かないといけない映画はない、仕事に専念できるなと思ってたら


11110710.JPG

ぬおー、見損ねてたのが3本もある。チョー見たい・・・

気合を入れて仕事進めて、睡眠削ればあるいはなんとか見られるかも。


よし

1111078.jpg

マンガゴッドに比べれば、俺はまだ100倍頑張れる余地がある。
posted by サンダーロードスタイル at 06:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。