2011年10月31日

地獄週報10月最終週

前回の日報よりこちら、我が家に増えた仲間と言えば

の前に

先日、TVでスターウォーズやってまして。
ジェダイの復讐がいつ帰還になったのか、特別編がいつ無印になったのか。
すっかり元がどんなだったのかわからないまま流してると
デンガーもらい泣きや、ゴング拷問、モンカリマラ人、もうひとつの空、などと
感動と興味と誤植と誤訳が入り混じった記憶が渦巻くわけですが

ん?

なんかいつもと違う記憶がある。なんだろうこの感覚。
ベイダーのマスクの目の下部分になにやら妙な愛着が。
なんだかそのラインをずーっと愛でた記憶が、うっすらとある。
この感じはなんだ?と思ってたら

思い出しました。

俺、1回だけやってたんだ、スターウォーズ仕事。
すっかり忘れてたまま。当然発売された商品、手元になし。
なのでTV見ながらオークションやら通販やらで
商品探し、速攻、お取り寄せ。


そんでしばらくしたら届いたぜ、我が家にまた仲間が増えた


これが、


俺のやった


ルークスカイ


1110311.JPG

うぉおお・・・おぉ!?



だいぶタテに絞られちゃってるが、もしかしてあなた、

生き別れたお兄さん?



たしか我が家から旅立って行った時は、こんなだったような・・・

1110312.JPG

ハナっから原型師いらねーんじゃねーの?
っつーリジェネレーションぶり。

もともとこれ、既存の石膏像にあわせるという企画で

1110313.JPG

こんな感じだったのを、もっと顔を上になど、企画無視の
愚かなるポーズ変えに始まり、石膏表現どうすんだっつーのに、
見えもしない傷があるのを再現しろだとか、とにかく
クルパーで本末転倒の指示の結果、ひどいことになって
完全に諦めて納品した記憶が蘇ってきました。

そうか、だから記憶から消してたのか。
なのに記憶を消してたのをすっかり忘れ、TV見て首をかしげ
あ!そういえば!と思い出した俺、コロス。
世の中には開けずに済ませていい記憶の小箱はたくさんある。

ちなみにベイダーは劣化抑え目。

1110314.JPG

オールスカルピング。


それはそれとして、先日やっとキャップ見てきました。2D。
マジでなくなってくれ、3D。


ダーマン、メーメン、バットチャンにヌーパーマンと
数撃てど軒並みビッグタイトルは大ハズレのアメコミ映画。

最後の大物、キャップ。先日狼男で大ポカをやらかし
再びションベンジョージョンストンに格下げになった
ジョージョンストンがどこまで食い下がるのかと思ってましたが

結論。

100点満点で1000点。

1110315.jpg

俺、泣きっぱなし。

いやもうなんつーか、格が違ったな。これぞコミック映画。

例えば上記のダメ4作品に共通するのは
コミックをバカにしてるという点。ノーリスペクト。
クソどものクソ仕事です。いちいち説明しないすが
全部本質から大ハズレのクソばっかし。

しかし今回のキャップは想像を超えるリスペクトぶりと、
キャップの本質の的確な把握、そして見事な翻案と換骨奪胎、
もう脚色賞をあげたい。

個人的な思い入れを抜きにしても、娯楽作品としてのサービスぶりや
コミック映画としての矜持が十分すぎるほどで、4リットル泣いた。
ナミダジョージョンストン復活。
劇中でも言ってましたけど、姑息で浅薄な解釈に逃げず
正面から乗り込んだスタッフに拍手です。

上述のダメ4映画の本質が、責任感、偏見、トラウマ、善意、くらいに絞るなら
キャップのは「理想」もしくは「信念」。今回の映画はその本質が
成長する過程を丁寧に描いております。まさしく正しい展開。
そして自力でその正しさを獲得させる断固たる展開。素晴らしい。
さらに歴代のコスチュームへの気配り、現実との線引きの上手さ、
マンガシーンでのマンガっぷりの徹底、そんな言葉はないすが
まさしくカービージャンプが目の前に。ああ、くだらない。けど美しい。
いろいろ心配してたけど、大変満足。久々に満足。

これでダムダムデュガンが爺さんになって現れたらもう感動で死ぬなと
思ったけど、キャップの冷凍期間がすっかり延びておりなんと70年。
さすがにええー!?って声が出た。70年ったら波平が生まれて死ぬぜ。

俺らが最初にコミック読んだ時は冷凍期間20年。
まあ戦後50年なんて意識があった時期もあったんで、まあ多くても50年。

でもそれがいまや70年間設定か・・・じゃダムダム・・・生きてても100歳。
TNGの1話目で出てたマッコイみたいにシワシワになっちゃうな。
ならフューリー抜きにしてコマンド描いて正解。せめて活躍見られてよかった。


問題は来年のアベンジャーズがまったくワクワクしないという
ここにきてまさかの感触。非常にイマイチな感じが拭えないんすよねー。
金の為というか、企画の為にアッセンブルすぎて
まず集まらなきゃいけないくらいの危機を見せてくれないと
まったく盛り上がらない。敵は誰だ。ロキとハルクか。

と思わせといてスクラルが出ると信じて来年を待ちます。
大丈夫、21世紀の映像技術ならもう出せる。

ファンが納得する敵は彼らしかない。

1110316.jpg

視界の悪いヌイグルミを小学生に被せて、宇宙船のセットを走り回らせる。
それだけで10分は面白い。絶対。
posted by サンダーロードスタイル at 00:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

地獄週報10月第5週

前回の日報からの間に、我が家に増えた仲間と言えば



1110241.JPG


ひさびさに当たりオマケ。


すでに我が家で待っていたお兄さんに当たる存在の

彼にとっても、さぞウェルカムに違いない


1110242.JPG




さて、いや、エニウェイ


アメリカに旅立ったゴズさんのその後の報告をいただきました。

今回も、死んで久しい会、平のび会の会長が成し遂げに行ったわけです。
クソみたいに重たい荷物を預けて、心苦しい事火の如しでしたが
イヤな顔ひとつせず持っていっていただきました。

所はNYCCことニューヨークコミックコンベンション。
突貫小僧と化した会長は朝一番でジェフダロウの元へと行ったそうで。
それは決してクソ重いゴズさんをとっとと手放したかったわけではなく
俺の思いを汲んでの、聞くも涙語るも鼻水の突進に違いなかったのであります。


以下、会長よりのご報告


商業スペースに比べると、朝一のアーティストアレーは閑散としたものでしたが、
ジェフ・ダロウのブースにはもう人がいて、熱心に何事かを話しかけていました。
横から顔を出していると、こっちを見て、ニッコリ手を振るジェフ。
いきなり順番が来てしまったものの、ジェフへの手紙をワタワタと取り出し、渡します。
(手紙は翻訳していただいた挨拶文章の他に、俺の作品写真を数点つけたもの。)
ウンウンうなずきながら手紙を読み進めるジェフ。
ページをめくるたびに、オウ!とか、ワオ!と、つぶやく。
仕掛けはバッチリ…と思いながら、作例を見終わったジェフに、牛頭さんを。
用具箱をバカッと開けて、牛頭さんを見た時のジェフの顔は、是非お見せしたかった。
「これを、もらえるのかい?」 みたいなジェフに。イエース、勿論デス!と
牛頭さんの作例を一緒に見た後、本体のミサイルを指さして、「ユアミサイル」と言いますと、
ジェフがかなり嬉しそうにニコリとしまして。 この笑顔を見られただけでも、
牛頭さんを海の向こうから運んで来た甲斐ははあった…と思わせる会心の笑顔でありました。

その後は、当然サインなどをいただきまして。 ショウリンカウボーイの新作ポスターを買い、
そこにもサインを。 そうしてもう当然のように売り物のスケッチを引っ張り出して、
ポスターに丸め込んでいただきました。
いや、ヤバイす。今回のはデカイですよ。それだけ喜んでもらえたんだと思いますけれど。

サイン中も、僕は日本が好きで…とか、一年ぐらいキチジョウジに居たんだ…と
ワイワイと話しかけてくれるジェフ。 サービスタップリで素晴らしいっす。
写真を撮らせてくれと言うと、マテマテと、茶目っ気たっぷりのポーズを取ってくれたりと、
最高のもてなしでございました。 そして最後に、紙のきれっぱしに、サラサラっと
何か書いて渡してくれたかと思うと、それがなんと、ジェフのメールアドレスと電話番号でございました!


ということだそうです。

おおー、今回も100%成し遂げる男会長。もうペンペン草も生えてない。
正直、着払いで送り返される可能性も視野に入れてたんす。
受け取ってもらえなくて。だってそれ十分ありえるもんな。
やーもーホントありがとうございました。



で、これがいただいたイラスト。

1110243.JPG

1110244.JPG

シュ


シュ


シュバラシしゅぎる

これこそ無事届いた証拠。

いやー俺なんか心の底まで腐ってますから
もしかして、会長は渡してきたと笑顔で言いつつも
実は年末バイトの臨時郵便局員よろしく
ハイウェイの脇にポイ捨てしてきたのかもしれない、などと
メロスの心を少しでも疑ったり。俺、コロス。
間違ってたのはお前だファイタス(そっちか)


よーし額だ!額買ってこーい!
posted by サンダーロードスタイル at 14:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

TF神戸への道 完

完全にアタマのおかしい道中記も今回で最後。
マジでお前は神戸に何をしに行ったんだ、っつー3日間を過ごし
やっと口実であるイベント当日となりました。
当然のことながらやる気はゼロよりもうマイナス。寝てたいぜ、昼過ぎまで。
でも行くしかないので朝メシ食って、気持ちを切り替えようとドリョク。
そうだゴーカイジャー見なきゃ、と思ったらすでに月曜日でがっくし。
見ればせめて今回気力テンシンで元気出ると思って期待してたのに。

で会場につくとちょうど入り口で今回お隣申請しているmdspとバッタリ。
ハジメマシテと挨拶したら8時から来てたそうで、えーと今は・・・10時過ぎか。
すげーな。

で、設営し、始まるも、まあ静かなもんです。

会場が狭いので知人と頻繁に会うので、ご挨拶を繰り返すも、
昼過ぎにはもうやることなし。

1110151.JPG

ちなみにですが、このミサイルはビッグガイのコミック劇中では
2発使用されます。で、ゴズさんが拾うのは劇中未使用の3発目という設定なので
デカールやマークを自作してます。
どうでもいいことすが、それに合わせて先端のレーダーなんかを
少しサイズ感を変えて作ってあるんですねー。

さらに赤褌なのは他人様に差し上げる場合、長寿と繁栄を祈った
色ということで赤。いついつまでも健やかにという願いを込めた
縁起バリアントカラー。っつーわけでした。


話はTFに戻しますが正直なとこやっぱし、せっかく遠出して来てこの
まったく動きのない時間は非常に無駄で、模型的な刺激があるならともかく、
実際そんなにないわけで、だったらもう次回はいいかと思っております。

また関西には旅行で来たいなと思いますけど、もうTFメインではなく。
次回は5月に公開するという宮本武蔵の絵を見に来たい。

終了後、会場に来てくれたコバヤシサイクルに教えてもらった
三宮のアメコミ屋に寄るも、なかなかいろいろ高くて買えず。
でもこういうトイショップ久々に寄った。いいすね。

で、メシ食って高速バスで空港に向かい、サクっと帰宅。
本日が一番なんもなく静かでした。


帰った次の日、ゴズミサイルの受け渡しをしてきました。
がっちり道具箱に詰め込んで、投げられても平気なように梱包し

1110152.JPG

こんなのを

1110153.JPG

こんな感じで。

箱はバンパーと同じ素材の丈夫箱。

お礼の手紙もちゃんと翻訳してもらい、組み立てマニュアルを作り
たくさんの人に迷惑をかけて協力していただいたおかげで
完全セットにて、今回ムリをお願いする会長にお渡ししました。
で、無事アメリカはニューヨークへ旅立ったと。
会長のご帰国は18日くらいだそうで、戦果報告をぜひ拝聴したいと
思っております。いやー、楽しみ。喜んで受け取ってくれるといいんすが。

これでいよいよヒノマルやらなにやら、自分造型再開なので
この日報もまた週報に移行します。


1110154.jpg

ではこれにてゴズ騒ぎ、終了。
次回は・・・すぐ再開もアレなので24日月曜で。
posted by サンダーロードスタイル at 00:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

TF神戸への道 3

前日は作業中に失神したので、朝6時に起きて作業しつつ
ダメホテルから少し離れたコインランドリーに向かい洗濯。
朝っぱらからクソ面倒ですが、仕方ない。

ところが、最近の洗剤は洗濯層もキレイにする強力型。
コインランドリーの自販機石鹸を使わず、持ち込んだその石鹸
(つっても途中のコンビニで買った旅行用)を使ったら
その腐れランドリーの洗濯層の汚れを落としてしまったらしく、
出てきた洗濯物を見たら・・・

1110141.jpg

クソこびりシャツ!?

溜まった汚れのはがれ落ちたものが盛大にくっついてるじゃねーか!
俺に集ってどうする、神戸市民の垢!

しょうがねえ、ホテルに戻って手洗いで落とすか・・・。んもー・・・

で、もはや急ぐ気も失い出発。まずは昔味の復刻バームクーヘンを
切り分けて食わせてくれるというユーハイム本店に。

俺からすると、ユーハイムのバームクーヘンなんて、
絶対にユーハイムだろ?わざわざ食う価値あんの?なんてわけで
文句タレつつ、食ってみると・・・やっぱユーハイムじゃねーか。
これ他人の家で出されてガマンして食うヤツだろー(言うな)
周りに美味くもねー蝋がついててさー(言うな)
高級風店内でしたが、冷蔵ケースの中でケーキの上を這ってる
ショージョーバエが悲しかったけど言わなかった(それは言え)
でも神戸のいいとこは、高級ぶろうとして空間を贅沢に
使ってるとこですね。そこ素晴らしい。


で、ここからいよいよ俺のターンです。期待パートに突入。

まずは川崎重工のカワサキワールドへ。

1110142.jpg

海洋博物館と併設されてるんですが、もう結論言っちゃう。素晴らしい。
言わずもがなの素晴らしさ。

外にはハトグソだらけの超電導電磁推進船ハトグソ1、
じゃなかったヤマト1もカッコよく展示中。
(でもこれは東芝と三菱重工の仕事)

1110143.jpg

あれすよ。レッドオクトーバーのキャタピラードライブみたいなもん。
詳細はともかくそういうSFメカが目の前にドーンとあるわけです。
ハトグソだらけで、しかもそのハトが全員こっち見ててもカッコよかったすが
中の展示もけっこう燃える。灯台のレンズひとつ見ても燃える。そして
カワサキワールドでは、アコガリの新幹線の運転席に座ったりできます。

1110145.jpg

しかもO系。

1110144.jpg

奥が新幹線で、手前は新幹線と同じ可愛いさを誇るダンゴっ鼻の持ち主、
アパッチ野球軍のダイコン。
上越新幹線が開通した時、初めて乗って感動したっけなあ、な客席も再現。

松方コレクションのメインであった、フランクブランギンの
大半の絵が燃えたのが返す返すも悔しかったろうなあ、から始まり
電車、戦闘機、単車、ロケットと桁違いの開発史。つーか近代史。
やー楽しかった。

と出たところで一息つくべくEHバンクで茶。

ここは東京でいうところの三菱一号館みたいなもんで
古い建築の中に作ったカフェレストラン。
あっちより装飾に富んだ建築でお洒落。

銀行跡なんでこんなのもあり

1110146.jpg

まあこの中にあるのは便所なんすが、ちょっとワクワクする。
で、一休みしたところで、すぐ近くにある神戸市立博物館へ。

そこでタイミングよくやってたのがこれ

1110147.jpg

うおー、薩摩切子を近くで見られる!
ずっと間近で見たかったんだ薩摩の紅ガラス。

江戸切子にはない素晴らしい仕上がりにただただ感心。
美しきかな技術。くそー、1個欲しい。
あんまガラスはよくわかんないんすけど、薩摩切子は
エッジアマアマのグラデが他のガラスよか滑らかで素敵。
実際、うっとりするような展示もあり眼福。

で、常設展を見始めるもこれがまた今流行の朝鮮びいきのアタマのおかしい
展示連発。なわけねーだろ、しょうがねーなこのクソどもが、と思いつつ、
置いてある銅鐸を猿のように叩いたりしてそれなりにエンジョイ。

で、最後にこれ

1110148.jpg

実はそもそもここに俺が喜びそうな絵があるということで来たんすが
それがこの絵。

クチから出てる文字は「十分です、主よもう十分です」というラテン語。

ってザビエルてめー、十分だったらポルトガル帰れこのやろう
アゴパーンチ、アタマテッペンごしごし、黙れ、ごしごし!と
煙が吹くまでザビテッペンをコスりまくりたくなる魅力。

この絵に一番近い感覚は、そうすね、たぶんこれ。

1110149.jpg
(参考:バクネヤング)

と思いつつ、あんまりにもナイスなので、ザビエルクリアファイルを購入。
でかいザビエルポスターなかったので仕方なく。でもおかげで今後我が家に
常にザビエルがおわしまする。神よ感謝します。300円。
前回のお土産ひらパー兄さん下敷き同様たぶんナーフの的。


ひとしきり笑ったので、次に目指すは少し離れた竹中大工道具館。

途中で、トアロードデリカテッセンでサンドイッチを買って急ぎ足で食いながら
到着するも、時間切れ。もう入場できません。ガックシ。

でも東京から来たというのを聞いたら、あと40分だけならということで
入れてくれました。うう、人情。 急いで見ます、はい。

11101410.jpg

今回の企画展はもともと東京で最初にやってたらしいすが(知らなかった)
ここ、常設展示がすごいんすよ。道具祭り。超最高空間。
BGMもひたすらノミの音だけだったり。もうウットリ。
で、企画展もものすごい。(と個人的には思う)

11101411.jpg

檜皮葺きの説明に感動。大体は知ってたけど、ここまでとは。
想像の600%増し。スゲーんすよもう全部。皮はぐところから、
繊細で丁寧で正確な加工と、葺きそのものの技術の高さ。
使う道具の素晴らしさ。ため息の連続、凄くて俺泣きそう。

さらにコケラ、カヤと日本の屋根の凄さに感動。思わず空を見上げつぶやく。
「大工よ、十分です、もう十分です」と言いつつ、発見。
ああこれが竹釘!猛烈に口に含んでみたい・・・けどみんなが触った
ビリケンの足の裏並に汚いもんだから口に入れてはダメ。酸っぱいのかな?
ああ口に大量に入れたい!(竹釘は大量に口に放り込んで湿らせ
プップッと1本ずつ出しながら打ち付けていくものです)

つーわけでさっきの博物館のインチキ展示とはウンドロ。
こうでなくっちゃ、なリックベイカーの工房レベルの道具展示センス。

あんまりにも感動して、受付の女性にお礼をノベると
今後、展示の案内を送っていただけるように。おお、講演会も行きたい。
もっとゆっくり道具見たいんでまた来るしかねーす。
やっぱいい道具や技術、興奮しますよね。アドレナリンとドーパミンと
マストロゲンが脳内で噴出です。

で、この段階で3日目の歩数が五万歩を突破。もう痛くて歩けない。
つーか市立博物館の段階で限界きてたんですが、知的好奇心を満たすか
足を捨てるか、となってもうこんな足潰してやる、と竹中大工館まで行き、
興奮してたとこまでは維持できたんですが、ついに脳内麻薬枯渇。
襲い来る激痛に耐えられず。ゾンビみたいにしか歩けない。
タクシー呼ぶか? いや、バカみたい食い意地張って食ってんだから
そんなもんに乗るわけにはいかない。這ってでもカロリーを消費しないと・・・
と、ビッコひきつつ、インソールを買ってホテルに戻り、泣きながら
マッサージ。でもちょっと休んで、懲りずに先日の洋食屋へ。
往復で3キロくらいをまた歩く。こんな俺なんか途中で死んでしまえばいい。
でも今度こそ落ち着いて美味かったんで生きててよかったな。


かくしてやっと明日がトレフェス。
日頃の運動不足と欲望の果てに精魂尽き果ててる臭いすが、あと1回つづく。
posted by サンダーロードスタイル at 00:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

TF神戸への道 2

2日目は神戸に移動。 の前に、京橋へ。

目的のひとつはこれ。

1110131.jpg

女子、スイーツ、行列、コロス。

三軒茶屋にあるパンケーキ屋ののれん分けみたいなのが
あって、京橋花月の近くにあるので寄ってみたいなという話が。

パンケーキ確かにうまかろうですが、並んで食うもんでもねーわけです。
が、時間もあったし並ばずによかったので入ってみたわけですが
えー、修行の余地、たっぷりあり。俺、パンケーキ、ナメテル奴、コロス。
おうおう、牛乳何度にしてんだ?粉何回かき混ぜた?
鉄板の温度何度だ?表面にこの柄が出ちゃダメでしょーよ
せっかく楽しいパンケーキ、本気でやらねーのは誰だ!
テメーかネーチャン!と、ステキな店内で言うわけもなく、
作り笑顔で出てきました。外は大行列でした。


で、京橋花月にてまたも吉本新喜劇。
ここは漫才とかナシでいきなり新喜劇を一幕見みたいな感じで
さくっと見られて、好き。舞台も近いし。

しかしよく考えると土曜日。
子供が多く、あろうことか終了後ジャンケンイベント開始。
この後予定押してるのに。一番前の真ん中なので帰るわけにもいかず
笑顔でこどもジャンケンに、いやジャイケンに拍手を送る。
俺も色紙欲しかったけど、オッサンは参加できません。あしからず。

で、小走りに移動、神戸三宮に到着した段階で腹が減ったので
ちょっと食ってみたかった筋タマ、いやすじ玉丼を。

1110132.jpg

食ったらすぐ、ポートライナーに乗りUCCの珈琲博物館へ。
なんだってそんなとこへワザワザ、ですが
珈琲の歴史や機械知りたいんだもん。好きなの、そういうの。

そもそも万博で極限までアタマの悪いパビリオンをこしらえてたUCC。

1110133.jpg

あ、これは全然関係ないアメコミのトゥーマッチコーヒーマン。

じゃなくてこっち

1110134.jpg

この博物館の中の展示も、珈琲入れながら乾いて死んだ、
みたいな感じでなかなかグー。

1110138.jpg

施設内の映像はすべて80年代のまま。酸化しとります。
唯一の不満はコーヒー歌コーナーの中に、コーヒーサイフォンが
入ってないじゃろがい!名曲じゃろがい!

と思いつつ、クイズにまじめに答えて認定証ゲット。

1110135.JPG

受付の女性と実際ヤギはコーヒーの実を食うのか、イスラム文化の
影響を考えると迷信が成立した理由は、なんつー話もしつつ
コーヒー博士になったことをほめてもらい

1110136.jpg

嬉しく帰る。わりとすぐ満足する男。


で、急いで今度は御影まで移動。電車で数駅です。

目指すはダンケというコーヒーの(またか)店。

1110137.jpg

実はここ、吉祥寺に分店があるんですが、けっこう衝撃でして。

色物にしか思えなかったバターブレンドという特殊コーヒーが
ことのほか美味かったんですね。そんで吉祥寺のマスターいわく
御影にぜひ行った方がいいということで、出向いたわけです。
吉祥寺の師匠が御影で、ここが本物だ、と。

俺も1年、ノートにびっしり温度や抽出データつけてコーヒーの勉強を
した程度にはコーヒー好きなんで、そこそこ味はわかるつもりですが
たぶん、吉祥寺の方がちゃんとマメのポテンシャルを引き出してて
マジメに美味かったです。権威に左右されない俺の可愛い舌と
スルデー味覚は正直なのでございます。
そんで正直に言っちゃうんだろうな、御影イマイチでしたよとか。
いやー、ゼッテー言っちゃいかん。いかんいかん。

ちなみにドトールよりはまだスターバックスの方が美味しいじゃ
ないすか。でもスタバもやっぱでかいチェーン店であって
粗悪とまでは言わないけど、だいぶいろんな雑味やエグ味が
出てるんだな、というのがこのダンケのを飲むとよくわかります。
まろやかで、風味や味わいがある。エグ雑が全然少ない。
それを脂肪分がさらに引き立てるので、舌の奥に味が残る。のが美味い。
苦くてキツいわけではない後味の美味いコーヒーが飲めます。吉祥寺で。
でもこんなお店は少なく、自称こだわりコーヒー店の9割は地雷。
こだわりのソバ屋と同じヒット率の低さ。いいんだ、結局スタバで。

で、若干ガックリしつつ、本日の最終目的、洋食を食いに。

実は前回食ったとき、デミソースのあまりの絶妙ぶりに
ものすごく驚いたんですが、あれ?味が全然違う。美味いは美味いけど
普通の美味さで、前回のは・・・事故?あのギリギリの焦げ味は
やっぱ、事故?なんだそれに挑んだ絶妙の火入れに感動してたのに。
(ちなみに去年ツレアイは焦げてると言い、俺はデミを焦がすような
致命的な愚を犯すはずがない、これは狙ってるんだ説を唱えてました)

もちろん全体は見事に美味しかったんすが、そういう意味で
やっぱあれは焦げてたのか、とまた若干ガックリしつつホテルへ。

で、先日と同じく仕事しつつ寝るわけですが、今回のホテルは最悪で
1回荷物を全部広げたのに部屋を移動しなくちゃならなかったり
今日はハズレが勝ったなあなどと勝手な事を思いつつ、失神。

明日はゆっくり神戸を回るのでございます。
たぶん明日はいいことあるよチンプイ。
posted by サンダーロードスタイル at 01:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

TF神戸への道 1

えー、若干仕事のスケジュールに変更があり
眠れる森のパンパース太郎で体力復活。

結局、7日木曜日の出発の段階で、仕事の人形を2体持って出かけるっつー
いまいち余裕のない状態でしたが、朝5時出発で8時羽田発のロケットスタート。
いやジェットスタート。

で、9時にはもう大阪についており、空港でうどん食った後、まず目指したのは

1110121.JPG

デケー!70m!

基本的に岡本太郎の芸術はわかんないし、あんま興味もないんですが
ここしばらくで特集されたりしていろいろ知る限り、好きじゃないで
済まされるレベルの人ではないというのだけはよくわかります。
で、結果、この太陽の塔。一度は実際に見て体感してみたい、と。

発想や実行力だけでなく、建造物としての興味もあったんですが
すべてにおいて想像の上を行くシロモノすね、これ。
量感の表現は確かに芸術レベルだし、構造的な頑強さは日本の技術を
マジマジと。展示してある公園の手入れも実に行き届いており
かなりテンションアップ。いやもう本当にすごい。

初めて東京タワーを見た時か、スターデストロイヤーが画面に
現れた時くらいの最大級のトキメキ全開。実際に見たこの感じを
表現できてる模型はないし、映像でも感じられなかった「フルボディぶり」が
凄まじかったです。モノを作る人は1回は見ておくべきだなと思いました。
大人の実行力、ここにあり。

1110122.JPG


で、その後鉄鋼館を改造した万博の展示を見たんすが、これまた壮絶。

坂の上の雲よりももっと高い空を見上げてた時代。
展示も実に狂っており、子供、怖くて泣き叫んでたし。

入り口からしてこんなだし

1110123.jpg

奥に行ってもこう

1110124.jpg

高度経済成長期の日本うんぬんというより、憧憬の無責任な具現化という感じで
今見ても未来楽しみだなーって感じでワクワクします。
何万も人が死ぬ大災害が来て放射能が日本半分を覆う現代になって
改めて感じるSF感。マッハバロンのキス椅子みたいな手椅子に座ったり
太郎ガチャを回したりとかなり堪能。回したアイテム欲しさに「交換しませんか」っつー
太郎マニアが近づいてきて、ツレアイは硬直してましたが、いい加減慣れろ。
俺の周りはこんなのがデフォルトなの。

で、そこからなんばに移動し、いつも泊まるホテルに荷物を降ろし
向かった先は

1110125.jpg

ずえー、全然興味ねえ・・・

けど、一度は見たいというので上ってみる。スーパー面白くないうえに
大阪らしいゲスい商売根性マルダシで、さっきの管理された公園を
遠くに思い出すのみ。あっちは知性が溢れ出てたのになあ。
でもせっかくのぼったので、浦安のクロちゃんみたいに
バカヤロウと小さな声で言ってみました。ある種のズバ抜けたひどさがあり
それはそれで堪能できるっちゃできるかもしれんす。
ビリケン人形は、多くの人に触られており気持ち悪い感じなので触らず。

で、降りてすぐ、これを食わされる。

1110126.jpg

ずえー、全然食いたくねえ・・・

でも食いたいというので寄ってみたわけですが、見た目どおり。
もう食わん。

その後日本橋をかすめて進んだのは、中古DVD屋目当て。
ここで、海底少年マリンのDVDを9枚も買い込み、荷物を増やす。
さらに発売されてた関わった仕事の商品を見つけ、さらに荷物を増やす。

その後、やっと北極星に向かいオムライスを食うも・・・
おかしい。今日の卵はフワフワで違う。んー。
クソOLどもに媚びて火加減変えないで欲しいす。

で、その後はいよいよ新喜劇。の前に、漫才。
これがひどい。持ち時間を無理やり延ばすために、どうでもいい
客いじりから間延びも含めて、ひどすぎるのの連続で、寝る。
一番前の席だったけど、本気でない人間に付き合うことこそ人生最大の無駄。
さすがにうんざりしてたんですが、1時間のガマンの後、ついに新喜劇。

大当たりの回。あまりの詰め込みぶりに50分超えたんじゃないかと
思ったんですがピタリ50分。素晴らしすぎる。ビバ大阪。
やっぱ、生はいいなー。脇が贅沢。本場最高。
最近出てくる言葉の通じない群馬県人役のわけのわからない言語が
ちょっと分かってうれしい。

ニマニマしながらホテルに戻り万歩計見たら25000歩。
足、もげそうす。風呂で揉んで揉んで、少し寝てから仕事を開始。
そんで鏡に映ってたのが昨日の目。

「なんでこんなとこまで来て仕事しなきゃいけねーんだ」
「テメーの手が遅いから終わってねーんだろがい」という
不毛な心の会話が延々ループする血走った目と見詰め合う夜2時。

しかし精神的には(ハズレや人的イライラも多かったものの)
それをはるかに上回る知的好奇心の満腹感。
足を触られすぎてウンザリしてるビリケンを触らないでいてやった
おかげで、触らないでくれてありがとうな運、みたいな
小刻みな幸運もあったのかなと思いつつ

1110127.jpg

実に豊かな気持ちで粘土をいじったまま意識を失い、初日終了。

明日は神戸に移動。で、つづく。
posted by サンダーロードスタイル at 01:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

ゴキカン

えー、戻ってまいりました。


が、

仕事がスーパー立て込んでおります。

明日の夜までフルスロットルでして
トレフェスを振り返ってる余裕はございません。

しかしなかなかに内容のある旅でして、細かく記しても
なかなか面白いんではないかと思ってるんですが、
そんな理由ですので仕事が片付いてから振り返ることにします。

ちなみに万歩計で見てたら、出発前の水曜50歩、木曜44歩
で、大阪に徹夜のまま到着し、動きまわったその日の歩数

25000歩。

通常の生活の500倍動くなんつー事があるもんでしょうか。

かくして足がモゲるくらい歩き回って
夜、ホテルについたら持ち込んだ仕事を始めてたわけですが

ホテルってでかい鏡ついてるじゃないすか。
そこに悲しく作業してる恨みがましいブタ人間が映ってて
その目がいろいろ物語っていたので、

記念写真。

1110101.jpg

こんなのが鏡に映ってて、怖いホテルだのう。




肝心のトレフェスの展示の方は特にどうということもなく。

1110102.JPG

無事静かに終わりました。

では明日以降に道中記を。
posted by サンダーロードスタイル at 09:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

トレジャーフェスタ in 神戸3

いよいよ待ったなしとなりました。
本日7日より10日夜中に帰るまで
インターネッチとは縁切りとなります。

出先で確認できないわけではないですが、いちいち出かけてまで
インターインター・・・と右往左往する情報乞食の現代人。クソダセーな。
俺はそういうヘッポコ連中と一味違って、面白動画とネット通販を
数日ガマンするなんか全然屁でもねー、鋼鉄の意志を備えてます。

なんつーのはともかく

売れないとわかってるけど、牛頭さん1個だけもって出張ってまいります。
たぶん、今回のミサイル展示を見たらカッコよすぎて欲しいという人が
出るような気がする。そんな人に面倒だから持って来なかったとは言えない。
いちおう1枚だけすが、今回ゴズさんの逆襲ポスターをオマケにつけます。
展示も白フン赤フンのバリアントゴズ2体。ザ・ゴズフェス。
半卓しか借りてないですけど幅90センチで祭ります。

会場も狭そうだし、イベントとしてはだいぶヒマそうなので
のんびり参加してきます。

111071.jpg

では関西の皆様会場で。
ネットの皆様11日までごきげんよう。さらにぷっくり太って帰ってきます。
posted by サンダーロードスタイル at 01:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

メアーク8000

男と生まれた限り、基本的に機械は好きですが
機械に頼るのは好きでありません。

車の歴史や構造は好きだけど、運転は大嫌い。
映像を見るのは大好きだけど、HDDは大嫌い。
ウンコは毎日2回出るけど、ウォシュレットは大嫌い。

ところがそんな俺でもたいして必要ない程度なのに、
便利さに屈し、愛してしまった機械もあるわけです。


これ

1110061.jpg

最初は鼻のアタマがカユくなるばかりで嫌いだったんすが
慣れると素晴らしい。あんまりこれで磨くとよくないらしいので
頻繁にやらないようにしてますが、すっごく楽しい。




こんな感じでGK磨けないもんかな、と電動歯ブラシで
試してみたんすが、全然ダメ。

上の歯ブラシなんかは感圧センサーですぐ「押し付け過ぎですよ!」と
怒るので、GK磨きにはまったく向いてない。

しかしゴズさんの背中とか、えれー広いわけです。
いちいち磨いてるのは厄介。

なのでいろいろ探した結果

1110062.JPG

ソニックスクラバー8000(数字は当方の気分で追加)

巨人用の歯ブラシみたいなもんで、これでクレンザーつけて
キットを磨く。3,000円くらいの商品。
けっこう、おお!?っつーくらいいけるんですが、主流である
繊細なキットには向かない荒くれぶりで、ウチの塊みたいなキット向け。
うるせーし。でも使った感じでは、意外に機械あなどれんなー、と評価してます。


ちなみに今一番欲しい機械


それはこれ



1110063.jpg

どーーーーして人間は眠らなくちゃいけないのか。
ホテルに原型持ち込んで進めなくちゃいけないのか。
明日までに荷物を発送しなくちゃいけないのか。
あれだけ時間があったのにまた、分刻みで追い込まれてるのか。

それを教える機械および、時間を越えて俺を説教する機械が
出来る日の来ることを願いながら、栄養ドリンクでタウリンを
補給しながら、時計を睨む朝。
マジどうなってんだ、もう出発前日なんて。
posted by サンダーロードスタイル at 04:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

じゃあ俺も

靴を見るとその人が分かるなんつー話をよく聞きますが
そう考えて観察すると、確かになと思うことがよくあります。

高級だと思い込んでたり、便利だと確信してたり
まったく無頓着だったり、流行に遅れてないという悲しい主張だったり。
懸命に靴から上は整えて振舞っているけど、靴から生活感や
がさつな性分が見えちゃう人も多い。また、仕事の苦労が
手に取るようにわかる足元も多い。
いろんなのが垣間見えて面白いす。

そういう意味で俺なんかは、靴に好みはあるけどこだわりはない。
一貫して選んでいるものがあるとすれば、ソール部分が白い帯状のヤツ。
これはなんでかというと歩いている時、オイッチニオイッチニと
眼下で順番に白っぽいのが顔を出してくる感じが頼もしいから。
ホームズみたいに推理されれば、幼児性の高い自己完結主義の
無精者ということに分類されるんでしょうか。デケー世話だこのやろう。


で、最近お気に入りとなった靴があり、安物で消耗品扱いだけど
履きやすかったので、先日のインフラ整備の一環で
7足同じのを買いました。今、家には2足同じのが。
ウチの玄関はおそ松君チみたいになるぞ。

でもフリー稼業はいつ貧乏になって靴が買えなくなるか
わかんないからな。在庫があるうちに劣化しない程度の
量は確保しておく。

で、この同じのをたくさん買って、そこにもう脳を使わないというのは
アインシュタイン方式で、俺らSFX世代からすると
ザ・フライのブランドン方式。


同じ服ばっか着て、あげく靴下も履かなくなったアインシュタイン


1110051.jpg


消化液で一回溶かして、食べ物をずるっと吸うブランドン


1110052.jpg

なんだか似てますな。天才というものは。

俺もなんか出すしかねーな

って、こんなの発見してる場合ではないんです。
posted by サンダーロードスタイル at 06:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

他人ん家のガレージ

ずいぶん前に、キャラホビで欲しいGKがあるなんつー話を
書いたんですが、結局会場には行けなかったので優しさに甘え
買ってきていただきました。

これ

1110041.JPG

なに?筋肉彫刻のGKじゃなかったのかって?
バカヤロウ、そんなのキャラホビに売ってるわけないだろ。

パワードスーツ、外骨格デザイン数々あれど、明らかに自分に影響を
与えたなと思うのはうすね正俊のみ。
ぬえのスーツもSF3Dも全然ピンとこなかった。
けどコンバットドールだけは、来たんですね。なんでかな。

たぶんありがちなアニメフォルムや、ミリタリーフォルムを
飲み込んだものの消化できてない他のスーツ群に比べ
一定のルールで消化できてると思ったからかも。
もしくはマッドマックス直撃世代の共感が大きいのか。
あるいはクリーチャー容認の作風に共感があるのか。

で、実は相当種類があるはずのドールで(未単行本化作品も含め)
もっとも脂が乗ってる感じのジム機。この立体化を見たのは
初めてだったので、ちょっとどうしても手にとって見たかったんす。

ビタリと劇中の再現パーペキラインと、若干印象の違う部分もあって
どれくらい思い出補正されてるのか、久々にコミックで
確認してみるか、とホジクリだしてみたんすが

1110042.jpg

おお、やっぱビビっとくるな。

なんか体の中に、フツフツと湧き上がる感じがありますが
わかった、思い出した。

これだ。

1110043.jpg

まったく意識した記憶はなかったけど、こう見ると原点は間違いなくこの表紙。
肩装甲のクリアランス感とか面頬の構成、セラミックっぽい処理なんか。
消防装備の延長で考えてたんすが、そこで味付けに原体験が出てたんだな、と。

やっぱ憧れや感動が創作の原点なんすよ。
よかった俺、頭のおかしいオブジェ野郎じゃなくて。
こうして先達に育ててもらってる事に感動です。
特侠見ていいなと思ってくれた人に胸張って言うぜ。
うすね正俊あってこそなんで、読んでくださいよコンバットドール。
つくづく確認、俺、うすねキッズ。

体調崩して執筆が思うようにならないらしいすが
気長に新作を待っております。
posted by サンダーロードスタイル at 06:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

しけさせたぜポス

アメリカ行き贈答品ことゴズミサイルの受け渡しというか
お願いの儀式がトレフェス以降となったので、1度だけ
会場で展示が出来るようになって、じゃあまた背景を作らなくちゃな、
ということになりまして。

簡単にビッグガイのコミックカバーでも加工すっか、と考えてたんですが
怪獣好きのジェフダロウですから、やっぱ怪獣ポスターみたいな方が
喜ぶんではないかと無駄な勘繰りをしてしまいまして。

最初は手前に立体ロゴでも切り抜いて置けば怪獣臭いか、くらいにしか
思ってなかったんですが、怪獣ポスターをいろいろ見てたら
ちょっとなんかこれはやってみたいな、と無駄な欲望がカマクビを
ポッキンコともたげてきてしまいまして。

メシ食った後の眠気覚まし作業にこういうホトショ遊びは非常に有効で
まずはこんなのをこしらえまして。

111003a.jpg

当然ながらこれはビビッド過ぎるので、これに古い写真加工というか
ポスター風のウェザリングというのか、レイヤリングというのか
とにかく劣化した質感をプラスしないといけないわけです。

普段、ちょっとお遊び程度でこういう古臭いのを作る場合、
カートゥナイザーという無料の加工サイトっつーんすか、
そんなんで加工したりするんですが、そこだと画像が小さくされてしまう。

ので、リサイズされたくなければ自力でホトショ加工しないと
いけない。今回背景なんで最低でもA3サイズなんでサイズダウンはムリ。
しかし、ふざけて勘で触ってる以外、フォトショップを勉強したことがない。
ので、実は皆目退色というか古い加工処理の見当がつかない。
オーバーレイというのがなんだか怪しいなと思いつつ使わないまま10年。

で、さらに退色表現だけでなくノイズや折れ目や染み、擦り傷なんか必要。
マウスだけなんで、サクっと描くわけにもいかないし、仮にペンタブが
あったとしても描けないのでさてどうしようかなと思ってたんすが
バカの考え休むに似たり。やっぱどうしていいかわからない。

しかし実はこのどうしていいかわからないという状況が一番楽しい。
まったく見当がつかない。マッサラの状態。この状態で目の前に
越えなきゃいけない壁があると実に面白くなってくる。
さーどうしてくれべーかと悪い顔で企んでる時が、一番眠気も飛ぶ。


つーわけで、いろいろズルを重ねて完成。

111003b.jpg

ポス、ポス、ポース!まったくしけさせたな。青春が台無しだ。汚しハラショー。

ただ問題は、出来上がったこれが人形と合うのかという点ですが
現時点では合わない気がしております(こら)。

完成させるのに興奮しすぎて、そこまで頭が回らなかったんすが
じゃあどうしようかと考えるに、また燃えてくるわけで
つくづく(無責任に)モノを作るのは楽しいなと。
早くこれを終わりにしてヒノマルやりたい。
posted by サンダーロードスタイル at 00:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

ネコジ

先日の最初のモードックの人形、イーグルモスっつー英国メーカーの
雑誌に小さな人形つけて売ってるシリーズなんですが、
この人形が異常に重い。

タテに足に落とした場合、間違いなくコユビが切断される
ルクルーゼの鍋の蓋と同じくらい扱いに緊張を強いる
無駄なダイキャスト製。

それでモードック。泥棒が来たら砲丸よろしく投げられる
サブウェポンレベル。

このシリーズ、日本で買うと2000円くらいするんすが
悲しいかな、人気のないキャラはすぐ投売りされる。

俺みたいな薄味ファンは、せいぜいその投売りの中に
好きなキャラがあった時だけ買う程度。

こないだ買ったのが

これ

1110021.jpg

ワイルドキャット。

腕っ節オンリーで特殊能力ナシの変態タイツ男。特技、拳闘。
正義に目覚めたガッツ石松くらいな感じですかね。


で、彼のマジメな活躍も、日本のファンには

この顔が常にチラつき

1110022.jpg

人気なし。投売り決定。俺、大喜び。


ニャロメマスクがそんなカッコ悪いわけでもねーだろ

と、ちょっと検証してみる。

1110023.jpg

違和感なし。



ちなみに届いた本物は

1110024.JPG

おー、ツブラでスーパー可愛いじゃねーか。
ネコっつーより、ブル公臭いすが、まあいいか。
ようこそ我が家へ。


しかし日本では受け入れられやすい土壌が

じゅうぶんあると思うんだけどなー。

なんで投売りされるかなー。イモイモ。


1110025.jpg
posted by サンダーロードスタイル at 00:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

チョイ復活

7日の朝には出かけてしまいそこからTFまでネットとは
無縁の生活になるので、せめてその1週間前くらいは・・・
ということで一応の復活日報。

ゴズミサイルにはその後手をつけられず。
あいもかわらず仕事に追われております。
いろいろ考えてたスケジュールがいろいろ前倒されたので、
思わずつんのめったまま、ヨイヨイヨイとバランスを崩してるものの、
まだ倒れてはいないというくらいの状態。
ここから持ち直すか、鼻から地面にぶつかるかは、俺のステキな足首力次第。


そういえば、こないだ久しぶりに欲しいオモチャが出てました。


これ

11101031.jpg




じゃなかった、こっち

11101032.jpg

4万もするうえ、置き場所もなさそうなんでちょっと見送るか。
置き場所に困るプレゼントをシコシコ作ってるどのクチが
そんな事を言うか、ですが、住宅事情が違うもんね。
でも円高の今こそこういうバカみたいなのを買うチャンスな気も。

いや、だったらやっぱりモードックのスタチューがいいか。
やる気出てくるんだよなー、このデザイン。

11101037.jpg

少し行儀がいい人形も出てたりして選択肢も豊富。

11101034.jpg

アメリカ本国では問答無用の人気キャラですから
こんなTシャツなんかも作られちゃって、超うらやましい。

11101035.jpg

11101038.jpg

突き詰めるとやはりこういう魅力か。
さすが本質を追うな、アメコミめ。
こういう事ばっか考えてる人と知り合いたい。
といって特に話す事はなさそうだけども。


ちなみにキャップ映画の2にはAIM(モードックの所属軍団)が
出る臭いすが、となると実写キャストが・・・という話になっており

すでに噂で流れている役者が



11101036.jpg

ピーターディンクレイジ。

キャスティング楽しそうだなー。完全にウィザードの妄想レベル。
でもアメコミの映画に期待するのはこういう事です。

って、久々に日報書いたらアタマデッカチの話ばっかですいません。
脳の蛇口をヒネるとまずこういうのが出てくるもんで。

というわけでTFまでちょっぴし復活。
posted by サンダーロードスタイル at 02:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。