2011年07月31日

チャッチトレット

ちびっと涼しかったので、テストがてら刷って貼ってみたし。

117311.JPG

白T、なんだか恥ずかしい感じ。




そういえば少し前ですが、新ジャッジドレッドのオフィシャル
写真が公開されてましたな。

117312b.jpg

おおー

って、オジンガーじゃねーか。完全に。

キャスティングの段階でいきなり1000点を得点し、その後
映画として900点減点されながらも、結果100点だった
スタローン時の興奮に比べて、このニガしょっぱい感じは何か



別写真を見て考えてみる。

117313.jpg


なるほど。

少し輝度を変えてみると答えが

117314.jpg






って、残念でした。

本物の写真はこちら。

117315.jpg


本物の方が若干ウソ臭いところがすごい。

大丈夫か、この映画。


そういう意味ではやっぱ80年代はパワフルだったと思う。

117317.jpg

まさに夢見た画像が残ってるもんなー。

頑張れよ21世紀版。

と思ったけど、調べたら旧ジャッジは95年製だった。

イモ臭すぎて80年代だと思ってた。
posted by サンダーロードスタイル at 00:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月30日

余技

通販の第一波が終了しましたが、まー、大変なのです通販。
日中、珍しく何度か外に出たんすが、暑いの暑くないのって暑い。
黒Tシャツしかないのがこれまた日光吸収でもはや暑いではなく熱い。

昼間はもう、白T着るしかねーなと思ってんですが、もう手持ちの白系は
軒並み首がビロビロに伸びてしまってアウト。過去のレイガンTとか。


そんでなんか新たに白用にプリント柄を作ろうと思って、

これをこしらえる。

117301.jpg

こういう事になるとほんと迷いがない。
俺のずいぶんなファンシー感覚は、けっこうな本物じゃないすかね。
見たことないけど自分の中に少女がいると感じるなー。
これを目覚めさせるには・・・豚の血を浴びるしかないすが、全員死ぬんでやめとくか。

まーそれはそれとしてよさそうなプリント用紙見つけましてね。

試したくてウズウズしてます。

和柄Verはこっち。左肩にでも。

117302.jpg


本当はこの大人物をうまく加工して

117303.jpg

TASUKETEー!というのをやろうかとも思いましたが
それはそれでなんだか暑苦しいのでやめ。

にしても肝心のアイロンが暑苦しいことこの上ないので、
現在まだ実作業に着手せず。多少の決意が必要です。
早く来い、秋。
posted by サンダーロードスタイル at 02:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

さんでぃえ漫画祭り

極東の人形イベントで右往左往している間に
本場アメリカではコミコンすよ、こんちくしょう。

で、さすがにニュースが飛び込んできました。


117291.jpg


人間の言葉では発音できないからそういう名前だという

あの、

ドラゴンでも龍でもない

強いて言うなら巨大変態爬虫類のパンイチおじさん

117297.jpg





しかも19インチのあの路線で。

ギャラクタス、センチネルに続いてこう来た!

117293.jpg


パンツ一丁も布で再現。

117292.jpg

パーペキ。もう脱がせたり履かせたり脱がせたり履かせたりしちゃう。



以前、パーツを集めて完成させるビッグフィギュアでは

117294.jpg

パンツなかったからな。


絶対、必要なのパンツは。

117296.jpg

紫パンツこそアメコミの基本。



ちなみに実はその10倍欲しい今回のコミコン発表商品は

117295.jpg

K9キーホルダー。

マスター、イツモ イッショデス的この喜び。

KAWAII大好きサンダーロード。
posted by サンダーロードスタイル at 00:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

WF雑感の2

つーわけで移転しました。

テッペンにはしばらく通販のご案内を載せときます。
残数の出ている商品はとりあえず現状それだけですので、
ご了承ください。

昨夜、前回の冬のWFで買った千葉のびわゼリーの存在を思い出し
賞味期限を遥かに過ぎているにも関わらず、たっぷり冷やして食ったら
腹痛を起こし、悶絶。ショクチューベイベー。寝込みました。


その苦しみの中、思い出したのでWF雑感再び。


我ながらまったくよせばいいのにと思いつつ
どうしても期待してしまうのがスカルプアシストキットです。

買っていただいた人にも説明したんですが、
もっと使いたい方は、中のキットを複製して使っていただきたい。
いいんですか?と言われましたが、いいんです。
だいたい芯なんか500円くらいでも高い。

安くて気軽に使ってもらえるのが一番いいんすが、
手流しで作るキットである限り、最低限の価格として
今回くらいにはなってしまうわけで、まったく面目ない。


唐突な話ですが、実に最近は困った風潮です。
独自であることが、きわめて珍しい部類に入ってしまい
他は判で押したようなつまんない価値感が溢れてます。

今回、わざわざ俺を自分のブースまで引っ張って行って
作品を見てくれという猛者がいました。

ナイスガッツ。

作品はというと。普通に上手。
決して下手じゃない。けど、残念ながら突出した個性もない。
逆に言えば誰でも作れる領域から抜け出てない。

本人もそれを感じて、そこを打破するには?ということで
悩んでいるようでしたが、そうなんすよ。問題はそこ。
誰でも作れるようなモノを作る意味があるのか?と。

そこに悩めるのは素晴らしい。そこからいろいろ始まる。
彼の場合、目の前のドアの存在には気づいた。
気づけばもうあとはこじ開けるだけですが、そのドアの存在にすら
気づけない人がほとんどです。

たとえば現代の風潮。だいぶひどいじゃないすか。
重要でもないケータイをいつまでもいじくって、
ゴミにもならない情報で右往左往するような感じで
愛想笑いしながら他人と足並み合わせれば、友達たくさん楽しいな
という感じ。時流から置いて行かれない気になってるだけで
実際は麻痺したハートで口元にクソ押し付けられても笑ってる。
韓流だのAKBだの口ではバカにしたとしても、本質的な意味で
まったく拒否できてない「お仕着せの価値観」に踊らされている皆様。
困ったもんす。なんとも言いようがない。けどそれが大多数。

その状況をマジで冗談じゃねえと思う人種は少ない。
思っても、出された皿を結局は黙って食う。
こりゃクソじゃねえか、ナメてんのか!と怒る人間は少ない。

当然ながら自分はカンカンにチリチリに怒る人間です。
でもじゃあそんなクソ風潮にどう挑もうかという時に
俺、オリジナルだと思うんすよね。創造すること。
独自の価値観で何かを生み出すことです。
正しいもの、美しいもの、カッコいいものを他人の尺度ではなく
自分の目で見て判断できる審美眼の提示です。
それを各々がしっかりともてることが、クソ流れに影響を受けない
方法なんじゃないすかね。

すげー手間かけて何年もかけて、他人が作ったキャラモノを
再現するのもドリョクですし、素晴らしい。
もちろん俺も手間隙かけて、好きな誰かのキャラを形にしたいという
気持ちはすごくあります。自分の目に見えた、あのカッコイイ姿を
他人の視点じゃない形で徹底的に納得いくところまで作りたい。
そう思う事は常にあります。

でも俺にはそういう選択肢が常に後回しになっちゃう。
なぜならどこまで行ってもそれは創造ではないからです。残念ながら。
追従ではあっても創造ではない。俺がやる意味がまったくない。

しかし己の審美眼で、己の美徳や理想を表現しようとする時、
その姿勢こそ創造性に溢れてます。たとえ稚拙だとしても
本質的に間違いなく正しい。車輪をまわし、前に進むパワーがある。
誰にも従わず、後を追わず、己で前に踏み出す力強さがある。
俺がやる意味がある。

創造性ってのはトッピな発想ではなく、価値感のフィルターです。
これがいいだろうというその人独自の判断力です。
それを磨こうという姿勢こそが重要で、それこそが個人が作る
意味につながると思うわけです。

その為には下手でもなんでも、自分の世界を提示してみることが
大事なんじゃないすかね。自分だけの中にある理想や憧憬を
誰かと共有したい、と思うなら他人とつながる意味がある。

だからとにかくどういう形であれ作ってみよう、という人を
アシストしたいと思って作ったスカアシキットは、多くの人に
挑んでもらいたいなと思ってますが、これがあろうとなかろうと
まず自分で切り開く姿勢を持って欲しいす。

今回、自分を呼びつけた猛者含め、応援したいディーラーが
いっぱいいましたが次回もキャラ物に流れることなく
信念を持ってオリジナルで挑んで欲しいす。

この世の素晴らしさはそうした信念が下支えしてるんですぜ。

最後に写真をひとつ。


1172810.jpg

これがもし進化だとすれば、俺はまったく進化無用。
センスオブワンダーの本質から外れるってこういうことじゃ
ないすかね。何やってんだルーカス。燃えなくなってるじゃねーかバカ。

時流に流されることなく、技術にひっぱられることなく
自分がいいと信じられるもんを作りたいもんすね。

頑張れオリジナルイモディーラー!(こら)
posted by サンダーロードスタイル at 12:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。